Mac で Blackmagic eGPU を使う

Blackmagic eGPU は、Mac のグラフィックス性能を引き上げてくれる外付けのグラフィックプロセッサです。プロ用アプリケーションのワークフローも、ゲームも、VR の作成も、何でも任せられます。

Blackmagic Design が Apple と協力して設計した Blackmagic eGPU があれば、今ある Mac で、プロ用アプリケーションのワークフローを高速化し、ゲームのプレイも滑らかに楽しめ、現実さながらの VR コンテンツも作成できるようになります。 

技術仕様

Blackmagic eGPU は Radeon Pro 580 グラフィックプロセッサと 8 GB の DDR5 メモリを搭載し、ハイエンドモデルの 27 インチ型 iMac に匹敵するグラフィックス性能を接続先の Mac にもたらします。

グラフィックス性能を向上するだけでなく、MacBook Pro や MacBook Air を 85 ワットで充電できます。

Blackmagic eGPU は以下のポートを搭載しているので、ディスプレイや VR アクセサリを接続できます。

  • Thunderbolt 3 (USB-C) x 2
  • USB 3.0 x 4
  • HDMI 2.0 x 1

システム条件

Blackmagic eGPU は、macOS High Sierra 10.13.5 以降を実行している Thunderbolt 3 搭載の Mac に対応しています。Mac のソフトウェアをアップデートする方法については、こちらの記事を参照してください。

Blackmagic eGPU を接続して使う

Blackmagic eGPU を Thunderbolt 3 (USB-C) ケーブルで Mac に接続して、eGPU メニューバー項目  が表示されたら、eGPU が使えるようになった合図です。

Blackmagic eGPU は、本体に接続されている外付けのディスプレイやデバイス上で Metal 対応 App のグラフィックスを自動で高速化します。アクティビティモニタを使って、eGPU を使用中かどうかを確認できます。

  1. アクティビティモニタを開きます (「アプリケーション」の「ユーティリティ」フォルダにあります)。
  2. 「ウインドウ」>「GPU の履歴」の順に選択します。コンピュータの内蔵 GPU と Blackmagic eGPU のアクティビティを図示したグラフが表示されます。

Blackmagic eGPU の接続を解除するには、ケーブルを外す前に、メニューバー項目 を使って、Mac から eGPU を安全に接続解除してください。

「外部 GPU を優先」オプションを使う

macOS Mojave 10.14 以降では、Finder で、特定の App の「情報を見る」パネルで「外部 GPU を優先」を有効にすることができます。有効にすると、eGPU を使って、その Mac に接続されているすべてのディスプレイ (Mac の内蔵ディスプレイも含む) で App が高速化されます。

  1. App が開いている場合は閉じます。
  2. Finder で App を選択します。多くの App は「アプリケーション」フォルダにあります。App を普段エイリアスやランチャーから開いている場合は、その App のアイコンを「control」キーを押しながらクリックして、ポップアップメニューから「オリジナルを表示」を選択します。そして、オリジナルの App を選択します。
  3. 「command + I」を押して App の情報ウインドウを開きます。
  4. 「外部 GPU を優先」の横にあるチェックボックスを選択します。
  5. eGPU で使う App を開きます。

Mac での eGPU の使い方については、こちらの記事を参照してください。

関連情報

macOS は、現時点では、Boot Camp を使った Windows 環境や、Mac が macOS 復元で起動中、FileVault でのログイン時、ソフトウェアアップデートのインストール中は、eGPU に対応していません。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: