macOS Mojave パブリックベータを個別の APFS ボリュームにインストールする方法

APFS のおかげで、プレリリース版の macOS を今までよりずっと簡単に試用できます。 

macOS Mojave パブリックベータをハードドライブの個別のボリュームにインストールすれば、同じ Mac 上で Mojave と High Sierra を便利に切り替え、それぞれが別々のドライブにあるかのように扱えます。追加の APFS ボリュームがストレージに占める容量は既存のボリュームと共有されるため、新しいボリューム用に領域を予約する必要がありません。そのサイズは収容するコンテンツに合わせて自動的に調整されます。

必要な環境

以下の手順を実行するには、オールフラッシュストレージを搭載した Mac と macOS High Sierra が必要です。Mojave のインストール用に 20 GB 以上の空き容量が必要です。さらにファイルや App に必要な容量も追加で確保しておいてください。Mojave をインストールし、最新の状態に保っておくために必要な容量は、ベータリリース期間を通じて変化します。

「この Mac について」で、ストレージにどの程度の空き容量があるのか調べ、ドライブのアイコンの下に「フラッシュストレージ」と表示されるか確かめて、フラッシュストレージが搭載されていることを確認してください。

「この Mac について」の「ストレージ」タブ

Apple () メニュー >「この Mac について」の順に選択し、「ストレージ」をクリックします。

Mac がフラッシュストレージを搭載していない場合は、新しいパーティションを作成して代用できます。その場合は、Mac OS 拡張でフォーマットされたデバイスにボリュームを追加する手順を実行してから先に進んでください。

Mac をバックアップする

ベータソフトウェアは、開発途上にあるソフトウェアであるため、一部の App やサービスが正常に機能しない場合があります。そのため、この先に進む前に、Mac をバックアップしておくことが重要です。バックアップの作成には Time Machine を使うことができます。

APFS ボリュームを追加する

  1. ディスクユーティリティを開きます (「アプリケーション」フォルダ内の「ユーティリティ」フォルダにあります)。
  2. サイドバーで、既存の APFS ボリュームを選択します。 
  3. メニューバーから「編集」>「APFS ボリュームを追加」の順に選択するか、ディスクユーティリティのツールバーにある ボリュームの追加ボタン をクリックします。APFS ボリュームが選択されていないと、これらのオプションは使えません。
  4. 新しい APFS ボリュームの名前を入力してから「追加」をクリックします。

新しい APFS ボリュームを作成するオプションを選択した後のディスクユーティリティのウインドウ。「名前」フィールドには「macOS Mojave Public Beta」と記入し、「フォーマット」メニューでは「APFS」を選択。

Mac を登録してベータ版をインストールする

beta.apple.com にアクセスし、画面の案内に従ってお使いの Mac を Apple Beta Software Program に登録して、Mojave ベータインストーラをダウンロードし、インストールを始めてください。

ベータ版のインストール先を選択する画面では、「すべてのディスクを表示」をクリックし、作成しておいたボリュームを選択します。

macOS Mojave 10.14 Beta のインストールウインドウに 2 つのボリュームが表示されているところ

Mojave と High Sierra を切り替える

インストールが終わったら、システム環境設定の「起動ディスク」パネルか Startup Manager を使って Mojave と High Sierra の間をすばやく切り替えることができます。

  • Apple () メニュー >「起動ディスク」の順に選択し、 をクリックして管理者パスワードを入力します。Mojave または High Sierra のボリュームを選択して「再起動」をクリックします。
  • または、起動中に「option」キーを押し続けて、選択画面が表示されたら Mojave または High Sierra のボリュームを選択します。

ベータ版を最新の状態に保つ

Mac を Apple Beta Software Program に登録すると、新しいパブリックベータが公開された時点で通知が届きます。アップデートがないか確認するか最新バージョンをインストールするには、システム環境設定の「ソフトウェア・アップデート」パネルを使います。

システム環境設定の「ソフトウェア・アップデート」パネル

Apple () メニュー >「システム環境設定」の順に選択し、「ソフトウェアアップデート」をクリックします。

公開日: