tvOS 11.4 のセキュリティコンテンツについて

tvOS 11.4 のセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple セキュリティアップデートについて

Apple では、ユーザ保護の観点から、調査が終了してパッチやリリースが公開されるまでは、セキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。最近のリリースについては、「Apple セキュリティアップデート」ページに一覧形式でまとめています。

セキュリティについて詳しくは、Apple 製品のセキュリティに関するページを参照してください。Apple との通信は、Apple Product Security PGP キーで暗号化できます。

Apple のセキュリティ関連の文書では、可能な場合、脆弱性の CVE-ID に言及しています。

tvOS 11.4

2018 年 5 月 29 日リリース

Bluetooth

対象となるデバイス:Apple TV 4K

影響:ネットワーク上で特権的な地位を悪用した攻撃者が、Bluetooth トラフィックを傍受できる可能性がある。

説明:Bluetooth における入力検証に脆弱性がありました。入力検証を強化し、この脆弱性に対処しました。

CVE-2018-5383:Lior Neumann 氏および Eli Biham 氏

2018 年 7 月 23 日に追加

Crash Reporter

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:アプリケーションに、昇格した権限を取得される可能性がある。

説明:エラー処理を改善し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4206:Google Project Zero の Ian Beer 氏

FontParser

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成されたフォントファイルを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

説明:検証を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4211:Qihoo 360 Nirvan Team の Proteas 氏

カーネル

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4249:Semmle Ltd. の Kevin Backhouse 氏

カーネル

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:配列境界チェック機能を改善することで、バッファオーバーフローに対処しました。

CVE-2018-4241:Google Project Zero の Ian Beer 氏

CVE-2018-4243:Google Project Zero の Ian Beer 氏

libxpc

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:アプリケーションに、昇格した権限を取得される可能性がある。

説明:検証を強化し、ロジックの脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4237:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する Samuel Groß 氏 (@5aelo)

メッセージ

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:ローカルユーザが、なりすまし攻撃を実行できる可能性がある。

説明:入力検証を強化し、インジェクションの脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4235:Salesforce.com の Anurodh Pokharel 氏

メッセージ

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成されたメッセージを処理すると、サービス運用妨害を受ける可能性がある。

説明:この問題は、メッセージの検証を強化することで解決されました。

CVE-2018-4240:PrimeFort Pvt. Ltd の Sriram 氏 (@Sri_Hxor)

セキュリティ

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:ローカルのユーザが、永続的なデバイス識別子を読み取れる可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、認証の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4224:Abraham Masri 氏 (@cheesecakeufo)

セキュリティ

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:ローカルのユーザが、永続的なアカウント識別子を読み取れる可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、認証の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4223:Abraham Masri 氏 (@cheesecakeufo)

UIKit

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成されたテキストファイルを処理すると、サービス運用妨害を受ける可能性がある。

説明:テキストの処理における検証に脆弱性がありました。この問題は、テキストの検証を強化することで解決されました。

CVE-2018-4198:Hunter Byrnes 氏

WebKit

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成された Web サイトを表示すると、Cookie を上書きされる可能性がある。

説明:Web ブラウザの Cookie の処理に、アクセス権の問題がありました。この問題は、制限を強化することで解決されました。

CVE-2018-4232:匿名の研究者、Aymeric Chaib 氏

WebKit

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:ロック処理を強化することで、競合状態の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4192:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する Ret2 Systems, Inc の Markus Gaasedelen 氏、Nick Burnett 氏、Patrick Biernat 氏

WebKit

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、Safari が予期せずクラッシュする可能性がある。

説明:入力検証を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4214:OSS-Fuzz により検出

WebKit

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4204:OSS-Fuzz により検出、Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する Richard Zhu 氏 (fluorescence)

WebKit

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、型の取り違え (type confusion) の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4246:OSS-Fuzz により検出

WebKit

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4200:Google Project Zero の Ivan Fratric 氏

WebKit

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4201:匿名の研究者

CVE-2018-4218:Google Project Zero の Natalie Silvanovich 氏

CVE-2018-4233:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する Samuel Groß 氏 (@5aelo)

WebKit

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意のある Web サイトにアクセスすると、アドレスバーを偽装される可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、ユーザインターフェイス不一致の脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4188:Mitra Integrasi Informatika, PT の YoKo Kho 氏 (@YoKoAcc)

WebKit

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、バッファオーバーフローの脆弱性に対処しました。

CVE-2018-4199:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する MWR Labs の Alex Plaskett 氏、Georgi Geshev 氏、Fabi Beterke 氏

2018 年 6 月 14 日に更新

WebKit

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成された Web サイトにアクセスすると、重要なデータが漏洩する可能性がある。

説明:CSS マスクイメージのフェッチ時に資格情報が予期せず送信されていました。この問題は、CORS を有効にした fetch メソッドを使うことで解決されました。

CVE-2018-4190:Jun Kokatsu 氏 (@shhnjk)

WebKit

対象となるデバイス:Apple TV 4K および Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:入力検証を強化することで、領域外読み込みに対処しました。

CVE-2018-4222:Google Project Zero の Natalie Silvanovich 氏

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: