Apple School Manager でスクールワーク用のクラスを作成および編集する

適切な権限があれば、Apple School Manager でスクールワーク用のクラスを手動で作成し、編集できます。

Apple School Manager では、Student Information System (SIS) を接続したり、SFTP からコンテンツをアップロードしたりすると自動的にクラスが作成されます。これらのクラスはスクールワークに自動的に表示され、Apple School Manager を使って名前を編集できます。SIS や SFTP のアップロードファイルには入っていないクラスについては (放課後のクラブなど)、手動で作成できます。

クラスを作成および編集できる役割について

管理者、サイトマネージャ、ユーザマネージャ、マネージャは、Apple School Manager でクラスを作成、編集、削除できます。講師も、管理者、サイトマネージャ、ユーザマネージャが講師の権限を変更していれば、クラスを管理できます。役割の権限を変更する方法については、こちらを参照してください。

クラスを手動で作成する

  1. Apple School Manager にサインインします。
  2. サイドバーで「クラス」をクリックします。
  3. クラスの追加ボタン をクリックします。
    クラスの追加画面
  4. 「クラス名」フィールドに、クラス名を入力します。この名前がスクールワークに表示され、講師や生徒が見ることになります。
  5. コース名、クラス ID、クラス番号も任意で入力できます。
  6. 場所を選択し、講師や生徒を追加します。
  7. 「保存」をクリックします。

クラスを編集する

自分が所属する場所で自分やほかの人が手動で作成したクラスを編集できます。

SIS や SFTP のアップロードにより自動作成されたクラスについては、スクールワークに表示されるクラス名を編集できます。デフォルトでは、クラス名は、SIS や SFTP で定義されているコース名やクラス番号のフィールドからコピーされます。 

クラスを削除する

スクールワークで使われているクラスが、SIS や SFTP アップロードファイルで削除された場合、Apple School Manager では手動クラスに変換されます。そのため、講師は既存の配布資料をそのまま維持し、新しいクラスで再利用できます。

以前スクールワークで使っていたクラスを Apple School Manager で手動で削除した場合、配布資料やデータはすべて削除されます。

スクールワーク App は、オーストラリアとニュージーランドでは Classwork という名称で呼ばれています。

公開日: