磁石を内蔵したアクセサリによる iPhone カメラへの磁気干渉について

一部の iPhone アクセサリに内蔵されている磁石から生じる磁場が、iPhone の背面カメラに影響を及ぼす場合があります。こうした干渉を防ぐ方法をご案内します。 

iPhone のカメラは、どんなに難しい条件下でもきれいに写真を撮影できるようになっています。写真を撮るときに思わずカメラを動かしてしまうと、撮れた写真がぶれてしまう場合があります。これを防止するために、iPhone の一部のモデルは光学式手ぶれ補正 (OIS) を搭載しています。1 OIS のおかげで、カメラを誤って動かしてしまっても鮮明な写真が撮れます。また、一部のモデルの iPhone には、クローズドループ方式のオートフォーカス (AF) 機能があります。2 クローズドループ AF は、重力や振動の影響を受けにくく、静止画、動画、パノラマ写真でピントを合わせて鮮明に撮影できます。

OIS では、ジャイロスコープがカメラの動きを感知します。画像の動きとそれに伴うぶれを減らすために、レンズがジャイロスコープの角度に応じて動きます。クローズドループ AF では、回路上の加速度センサーが重力や振動による影響を測定し、補正してくれます。磁気センサーがレンズの位置を判定するので、モーションの補正が正確に設定されます。

  1. 光学式手ぶれ補正は、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6 Plus、iPhone 6s Plus に搭載されています。
  2. クローズドループ AF は、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR に搭載されています。

強力な磁場が OIS やクローズドループ AF に干渉する可能性

レンズ位置のセンサーは磁場に反応します。これらのセンサーに磁石を近付けると、磁場がセンサーに干渉し、一時的にセンサーが無効になる場合があります。そのせいでセンサーの精度が低下し、レンズの可動範囲が制限されることがあります。その場合でも、カメラでほかの補正機能を使って写真を撮影できますが、OIS やクローズドループ AF の効果は得られません。

磁気の干渉を防ぐ方法

他社製のアクセサリの中には、強力な磁石や磁気を帯びた金属板を iPhone の背面カメラの近くに配置したものがあります。こうした磁石や金属板は、二つ折りカバーを閉じたり、分解可能なケースをつなげたり、固定器具 (自動車用マウントなど) に取り付けたりする用途で使われます。Apple では、ケースやその他のアクセサリに磁石や金属部品を使わないように他社メーカーに推奨しています。カメラがその性能を最大限に発揮できるように、磁石や磁性金属を使ったアクセサリはなるべく使用を控えてください。

それでもカメラが正しく動作しない場合は

iPhone ケースやその他の磁気を帯びたアクセサリを取り外しても iPhone カメラが正しく動作しない場合は、こちらの記事で対処法を調べてください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: