iPad や iPhone の充電管理機能について

iOS には充電管理機能が備わっており、iPad や iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR を長期間電源に接続したままにしておく時 (たとえば、キオスクや POS システムに使う場合や、充電収納保管庫に保管する場合など) もバッテリーの状態を自動的に管理してくれます。

iPad や iPhone は、バッテリーを 1 回充電すれば終日使えるように設計されているポータブルデバイスです。しかし、キオスクや POS システムに使う場合や、充電収納保管庫に保管する場合など、iPad や iPhone を長期間電源に接続したままにしておく状況も考えられます。iPad や iPhone に採用されている充電式リチウムイオンバッテリーは、その耐用年数を通じて充電と放電を繰り返すことを前提に設計されています。長期にわたってフル充電された状態が続くと、バッテリーの状態に影響が出ることがあります。

iOS 11.3 以降を搭載した iPad や、iOS 12 以降を搭載した iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR には、バッテリーの状態を管理する充電管理機能が備わっており、デバイスが上記のような充電状況で使われている時もその状態を監視し、必要な場合にはバッテリーの最大容量を自動的に引き下げるように設計されています。バッテリーの残量表示には、この調整後の最大容量を基準にした充電残量が表示されるようになります。この最大容量は、iPad や iPhone が長期間電源に接続された状態でなくなれば、状況やバッテリーの状態が許す限り、元通りの値に戻ります。

公開日: