Mac OS X でディスクイメージファイルから CD や DVD を作成する

ディスクユーティリティ (Mac OS X 10.3 以降) や Disk Copy (Mac OS X 10.2.8 以前) を使って、簡単にディスクイメージファイルからディスクを作成できます。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

ディスクユーティリティ (Mac OS X 10.3 以降)

  1. 「ユーティリティ」フォルダ (/アプリケーション/ユーティリティ) にある「ディスクユーティリティ」を開きます。
  2. 使用したいディスクイメージがリストに表示されない場合は、そのディスクイメージのアイコンをディスクユーティリティウインドウにドラッグします。
  3. ディスクイメージを選択して「ディスクを作成」をクリックします。
  4. コンピュータの光学式ドライブにブランク CD または DVD をセットし、画面の指示に従って操作します。


Disk Copy (Mac OS X 10.0 ~ 10.2.8)

  1. 「ユーティリティ」フォルダ (/アプリケーション/ユーティリティ) にある「Disk Copy」を開きます。
  2. ファイル」メニューから「イメージを CD/DVD に作成」を選択します。このコマンドを選択する前にディスクイメージを開かないでください。
  3. ナビゲーションダイアログボックスが表示されます。ディスクイメージファイルを選択します。
  4. 「作成」をクリックします。
  5. 指示が表示されたら、ブランクディスクを光学式ドライブにセットします。
  6. 「作成」をクリックします。

ディスクが正常に作成されると、お使いのコンピュータの設定に応じて、ディスクがドライブから取り出されるか、あるいはディスクがデスクトップに表示されます。

注意:ディスクイメージからディスクを作成した場合、フォーマットは元のディスクイメージと同じになります。異なるコンピュータで使用可能なディスクを作成するには、Finder からディスクを作成してください。

公開日: