Apple IDとプライバシー

Apple IDはあなたの個人情報を保護するように設計され、どの情報を共有するかを選択できるようになっています。


  • Apple IDを使ってサインインすると、iCloud、App Store、iMessage、“探す”などのサービスがこのiPhoneで有効になります。
  • 連絡先、カレンダー、写真、書類、ヘルスケア、アクティビティ、およびその他のAppのデータを含む特定のデータは保管およびバックアップのためにAppleに送信されます。
  • さらに、よりよいサービスとサポートを提供するために、デバイスはApple IDに関連付けられます。

お客様のApple IDとAppleが提供するすべてのサービスは、プライバシーを保護できるように最初から設計されています。お客様によりお楽しみいただくために最低限必要なデータだけを収集するように努め、またデータを収集する際は、どのような情報をどのような理由で集めているのかをお客様にお知らせし、お客様ご自身によくご理解いただいた上で判断していただくことが大事だと考えています。

Apple IDは、iCloud、App Storeおよびその他のAppleオンラインストア、iMessage、FaceTimeなどのAppleのサービスにアクセスするために使用する個人的なアカウントで、このアカウントを使うことでお使いのすべてのデバイスやWeb上でコンテンツにアクセスできます。Apple IDにはサインインに使用する情報に加えて、Appleのあらゆるサービスで使用する連絡先、支払い情報、および信頼できる電話番号やセキュリティの質問などのセキュリティに関する詳細情報が含まれます。Appleはデバイスの名前やシリアル番号などのハードウェア識別情報をサービスおよびサポートを向上する目的で保持します(たとえば、利便性を考慮してデバイスの保証状況を表示したり、サービス提供の資格を確認したりする場合に使用します)。Apple IDアカウントページ(appleid.apple.com)では、Apple IDの情報を編集したり、デバイスのリストを表示したりできます。

Apple IDを使ってサインインすると、iCloud、iTunes Store、App Store、iMessage、FaceTime、“探す”などのサービスがこのiPhoneで有効になります。お客様のApple IDアカウント情報は、各サービスとデバイスの特定のデータ(連絡先、カレンダー、写真、書類、ヘルスケア、アクティビティ、Safariのタブ、およびその他のAppのデータを含む)で使用され、保管およびバックアップのためにAppleに送信されます。

iCloudとプライバシー

iCloudへのサインイン

iCloudを使用すると、デバイスに保存した特定のデータが自動的にAppleに送信されて保存されます。これにより、iCloud対応のすべてのデバイスやコンピュータ(以下、“デバイス”)で、自動的に自分のデータにアクセスできるようになります。このデータには以下のものが含まれます:

• 連絡先

• カレンダー

• リマインダー

• ブックマーク

• Safariのタブ

• ヘルスケアデータ

• ホームデータ

• メモ

• 写真

• 書類

• Walletデータ

• キーチェーンとパスワード

• デバイスとアカウントの設定

• iCloudを使用する他社製Appのデータ

iCloudバックアップも有効になっているので、デバイスの交換や復元が必要な場合に備えて、デバイスデータの最新のバックアップを保持できるようになります。

有効にするiCloud機能や、iCloudに送信されるデータの設定は、デバイスの“設定”でいつでも調整できます。

iCloudのデータセキュリティ

iCloudでは、情報を転送する際に暗号化し、暗号化フォーマットでiCloudに保存して、認証にセキュアトークンを使うことで情報を保護します。特定の情報には、エンドツーエンドの暗号化が使用されます。これにより、設計上、この情報にアクセスできるのはユーザ本人のみで、さらにiCloudにサインインしているデバイスからのアクセスに制限されます。Appleを含むほかの誰も、エンドツーエンドの暗号化情報にアクセスすることはできません。iCloudのデータセキュリティについて詳しくは、https://support.apple.com/HT202303 を参照してください。

iCloudデータが他社パートナーのサーバを使って保存される場合がありますが、Appleが他社に暗号化鍵を渡すことは絶対にありません。

iCloudキーチェーン

iCloudキーチェーンは、Safariで閲覧するWebサイトのユーザ名およびパスワード、クレジットカード情報、Wi-Fiネットワーク情報を最新の状態に保ち、これらをすべてのデバイスから利用できるようにします。また、メール、連絡先、カレンダー、メッセージ、Facebook、Twitter、LinkedIn、およびその他のインターネットアカウントで使用するアカウント情報も保存され、これらの情報はすべてのデバイスで自動的に追加されます。

iCloudキーチェーンはエンドツーエンドの暗号化を使用しており、設計上、ユーザ本人のみが、iCloudにサインインしているデバイスでのみ、この情報にアクセスできるようになっています。Appleを含むほかの誰も、iCloudキーチェーンのデータにはアクセスできません。iCloudキーチェーンは、iCloud設定でいつでもオフに設定できます。

iCloudバックアップ

iCloudバックアップを使用する場合、バックアップには、設定に応じてiOSデバイスやiPadOSデバイスからの写真、ビデオ、メッセージ(iMessage、SMS、およびMMS)、“ヘルスケア”などのAppデータ、位置情報設定(ユーザが設定した位置情報に基づくリマインダーなど)、Visual Voicemail、デバイス設定、デバイスの特徴などのデータが含まれます。

iCloudで特定のAppのAppデータのバックアップを停止するには、“設定”>“[自分の名前]”>“iCloud”>“ストレージを管理”>“バックアップ”に移動し、“バックアップ”セクションでiOSデバイスまたはiPadOSデバイスを選択し、バックアップを使用不可にするAppをタップしてオフにします。

iCloud設定でiCloudバックアップを完全にオフにし、Finder(macOS Catalina 10.15以降)またはiTunes(macOS Mojave 10.14以前)を使ってiOSデバイスやiPadOSデバイスをコンピュータにバックアップすることもできます。iCloudからバックアップデータを完全に削除するには、iCloudバックアップをオフにする前に、個々のバックアップを削除します。削除しない場合、バックアップデータは最大180日間保持されます。

iCloudでのデータ共有

メモ、Pages、Numbers、Keynote、および特定の他社製Appで、iCloudを使用して公開または非公開でファイルを共有した場合、Appleでは共有されたファイルを保存し、そのファイルへのアクセス権を保持します。お使いのアカウントに関連付けられた姓名とファイル名は、共有が公開か非公開かにかかわらず、共有リンクにアクセスできるすべての人が知ることができます。非公開共有への参加者の識別情報は、その非公開共有に参加を依頼されて承認した人以外の誰にも知られることはありません。

iCloudとApp

一部のAppはiCloudを使用して、Appに入力されるデータやコンテンツを保存するので、iCloudが有効になっているすべてのデバイスでこのデータにアクセスできます。このようなAppは、データの一部またはすべてをiCloudに保存する場合があります。他社製Appはあなたを検索することを要求できます。これにより、そのAppのほかのユーザがApple IDで検索したときにあなたの姓名が表示されます。

AppがiCloudにデータを保存できないようにするには、そのAppをオフにします。その場合は、“設定”>“[自分の名前]”>“iCloud”と選択し、“iCloudを使用しているApp”に表示されているAppをタップしてオフにします。

“探す”

デバイスでサインインしてiCloudを有効にすると、“探す”の特定の機能が自動的に有効になります。これらの機能には、デバイスでのサウンドの再生、リモートでのロックとメッセージの表示、リモート消去が含まれます。セキュリティチップを搭載したデバイスもアクティベーションロックで保護され、パスワードなしで消去したり再アクティベートしたりすることはできません。iPhoneで“探す”を有効にすると、ペアリングされたApple Watchで自動的に有効になります。Apple Watchに対して“探す”を有効にしても、ペアリングされたiPhoneで有効になります。

“探す”を使用すると、デバイスの位置情報がデバイスやアカウントの情報とともにAppleに送信され、Appleがサービスを提供できるように保持されます。デバイスの位置情報は、デバイスまたはアクセサリの位置情報をリクエストした場合にのみAppleに送信されます。Appleは位置情報を24時間保持およびアクセス可能にし、その後削除します。位置情報サービスを有効にした場合、“探す”および“位置情報を共有”を使用して、デバイスの現在位置を共有することも選択できます。これらの機能を使用すると、あなたの位置情報が共有先の友達が積極的に要求した場合にのみAppleに送信され、2時間保持されてから、削除されます。“探す”と“位置情報を共有”は、ほかの人と位置情報を共有することを選択した場合にのみ有効になります。

“位置情報サービス”を有効にした場合、“探す”によってデバイスの所在地を地図上で確認できます。“最後の位置情報を送信”機能を有効にした場合は、デバイスのバッテリー残量が非常に低いレベルに下がったときはいつでも、最後に確認できたデバイスの位置情報がAppleに自動的に送信されます。

“探す”は、“探す”ネットワーク(参加しているAppleデバイスのクラウドソースネットワーク)を使用してインターネットに接続していないデバイスを見つける際にも役立ちます。“探す”ネットワーク内のデバイスは、Bluetoothワイヤレステクノロジーを使用して、見つからないデバイスや互換性のある項目を近くで検出し、それらのおおよその位置情報をオーナーに報告します。このやり取りはエンドツーエンドで暗号化されるため、Appleはオフラインデバイスや報告元デバイスの位置情報を確認できません。デバイスが“探す”ネットワークに参加している場合、ネットワークによってデバイスが検出され、ほかの見つからないデバイスを匿名で見つけるのに役立ちます。“設定”>“[自分の名前]”>“探す”に移動し、タップして“探す”ネットワークを無効にすることで、デバイスを“探す”ネットワークに参加させないことを選択できます。

“探す”と“アクティベーションロック”は、iOSデバイスまたはiPadOSデバイスでは“設定”>“[自分の名前]”>“探す”>“iPhoneを探す”または“iPadを探す”にアクセスして“iPhoneを探す”または“iPadを探す”をタップすることで、Macでは“システム環境設定”>“Apple ID”>“iCloud”と選択し、“iCloudを使用するこのMac上のアプリケーション”のリストで“Macを探す”を選択解除することでオフにできます。

iCloudが必要なAppleサービス

Apple Pay、アクティビティ共有、ホーム、Handoff、ユニバーサルクリップボード、Apple Watchでのロック解除などのAppleサービスを使用するには、デバイスでiCloudにサインインしている必要があります。Appleは、iCloudプランを使用して、“ホーム” Appで“セキュリティ保護されたカメラ収録”を設定して使用する資格を確認します。Appleはあなたのカメラの収録内容にアクセスできません。Appleはあなたのカメラの収録内容にアクセスできません。すべてのiCloud機能を使用する必要はなく、使用しないiCloud機能があれば、デバイスのiCloud設定でオフにできます。

iCloudからのサインアウト

iOSデバイスまたはiPadOSデバイスやペアリングされたすべてのApple WatchでのiCloudの使用を停止したい場合は、“設定”>“[自分の名前]”に移動して、“サインアウト”ボタンをタップすることで、iCloudからサインアウトできます。MacでのiCloudの使用を停止する場合は、“システム環境設定”>“Apple ID”>“概要”と選択してiCloudからサインアウトします。Apple IDパスワードが必要な場合があります。

情報の送信

Appleは、所有するApple製品やAppleサービスへのサブスクリプションなど、あなたのアカウントに関する情報を使用して、iCloudおよびその他のApple製品、サービス、およびオファー(Apple Oneなど)についてあなたの興味のある情報を送信します。Apple Oneサブスクリプションを購入すると、サブスクリプション登録した各サービスの機能に関するメールとプッシュ通知が送信される場合があります。appleid.apple.comにアクセスして、メール設定を変更し、これらのメールの受信を解除することができます。

ファミリー共有

“ファミリー共有”を使用すると、ファミリーメンバー間で特定のコンテンツ、位置情報、サブスクリプション、および画面の使用状況情報を共有できます。ファミリー管理者は、どの共有機能を有効にするかを選択できます。Apple Music、Apple TV、Apple Arcade、またはApple News+の“ファミリー共有”を有効にすると、ファミリーメンバーはファミリープランを利用しながら、各自のApple IDを使用して各サービスにサインインでき、個人のライブラリを保持して、おすすめを非公開のままにすることができます。同様に、iCloudストレージの“ファミリー共有”を有効にすると、各ファミリーメンバーは、ファミリーストレージプランを利用しながら、個々のアカウントとファイルを各自で保持することができます。

“購入の共有”を有効にすると、購入を非表示にすることを選択しない限り、ファミリーメンバーはあなたがApp Store、Apple Books、およびApple Musicでこれまでに購入したコンテンツとこれから購入するコンテンツの両方に自動的にアクセスできます。購入コンテンツを非表示にするには、個々のiTunes、Apple Books、およびApp Storeの購入コンテンツを非表示にするか、あなた個人の“ファミリー共有”設定内で“購入コンテンツを共有”を無効にします。あなたが購入コンテンツを非表示にしても、ファミリー管理者は引き続きApp Store、Apple Books、およびApple Musicで購入が行われたときに領収書を受け取ります。

あなたの位置情報をファミリーと共有することを選択した場合、ファミリーメンバー全員が“探す” Appであなたのすべてのデバイスの位置情報を自動的に確認できるようになるため、地図上であなたが紛失したデバイスを見つけたり、あなたの現在位置を確認したりできます。デバイスの“探す”設定で個々のファミリーメンバーとの位置情報の共有を管理したりオフにしたりできます。

あなたがファミリー管理者であり、“ファミリーのスクリーンタイム”を有効にすると、ファミリーのデバイスの使用状況に関する特定の情報を閲覧できるようになります。ファミリー管理者は、ファミリーに対してスクリーンタイムの制限を設定することもできます。これは、子供に自動的に適用されます。ファミリー管理者は、ファミリーメンバーがほかのファミリーメンバーのスクリーンタイム情報を閲覧することを許可することができます。

iMessageとFaceTime

iPhoneでApple IDにサインインすると、iMessageおよびFaceTimeに自動的にサインインされます。お使いのApple IDや電話番号は連絡を取った相手に表示されます。ほかのユーザは、あなたのApple ID、およびアカウントに登録されているメールアドレスや電話番号を使ってあなたに連絡することができます。“iMessageとFaceTimeとプライバシー”について詳しくは、“設定”>“メッセージ”に移動し、“iMessageとFaceTimeとプライバシーについて”をタップしてください。

iTunes、App Store、Apple Music

iPhoneでApple IDを使ってサインインすると、iTunes Store、App Store、およびApple Musicに自動的にサインインされます。これにより、コンテンツを購入したりApple Musicを使い始めたりするのがすばやく簡単に行えます。購入内容はAppleのシステムに記録されるので、いつでも再ダウンロードできます。Apple Musicを使用する場合は、再生履歴が保持され、“For You”で表示されるおすすめをカスタマイズするのに利用される場合があります。再生履歴を共有しない場合は、Apple Music設定から変更できます。

iTunes Matchが利用できる地域で、iTunes Matchを使用している場合は、iCloudはiTunesライブラリ内のメディア情報を収集します。メディアは現在iTunes Storeで提供されている曲とマッチされるか、マッチできない曲はアップロードされます。マッチまたはアップロードされたら、これらの曲は対応デバイスからアクセスできるようになります。

支払い方法、ギフトカード、およびApple IDの残高への資金の追加

Apple Store、iTunes、Apple Musicなどから購入するには、Apple IDに有効な支払い方法を追加する必要があります。iOSで支払い方法を追加するには、“設定”>“[自分の名前]”>“支払いと配送先”に移動し、“お支払い方法を追加”をタップして、関連する支払いの詳細情報を追加します。支払いの詳細情報は、手動で情報を入力するか支払い用カードの写真を撮影することで追加することもできます。支払い用カードの写真を撮影することで支払いの詳細情報を追加する場合は、デバイスが画像から関連情報を引き出して、必要なフィールドにデータを入力します。この画像がAppleによって表示されたり保存されることはありません。Appleは、提供される支払い方法の詳細情報(口座番号や有効期限など)を、購入の実施、法の遵守、詐欺行為の防止のために収集して保存します。Appleに請求先住所や配送先住所を提供することもできます。これは、マーケティングと解析の目的で、および法の遵守と詐欺行為の防止のために使用される場合があります。

Apple Payが有効になっている場合、Appleは、Apple Payの支払い方法がApple IDに登録される支払い方法として追加する条件を満たしているかどうかも確認して、それらの支払い方法を“Walletで検出されました”の下に表示します。Apple IDを使用して取引を行った場合、Appleは、登録されるApple IDの支払い方法がApple Payの条件を満たしているかどうかも確認します。その場合、Appleは、支払い情報を保護するために、その支払い方法に対してApple Payを有効にする場合があります。支払い方法は、“設定”>“[自分の名前]”>“支払いと配送先”に移動することで、いつでも変更できます。

Apple IDに関連付けられている支払い方法を使用してAppleギフトカードを購入し、Appleにメールアドレス、自分の名前、およびギフトカードの金額を提供することにより、そのギフトカードを受取人と共有することもできます。必要に応じて、メッセージを入力することもできます。Appleは、法の遵守、および詐欺行為の防止のため、ギフトカードの販売と引き換えの目的で受取人情報を使用します。

Appleギフトカードの金額をApple IDの残高に適用することで、ギフトカードを使うこともできます。Appleギフトカードを使うと、ギフトカードに関する情報がApple IDの残高に関連付けられます。この情報はAppleによって法の遵守と詐欺行為の防止のために使用される場合があります。ギフトカードの利用に関する特定の情報(利用されたギフトカードの数など)は、利用履歴やAppleからの情報の送信を個人用に設定するためにも使用される場合があります。個人用設定のためのギフトカード情報の使用は、iTunes Storeにアクセスし、下部までスクロールして“Apple ID”>“Apple IDを表示”とタップし、“パーソナライズされたおすすめ”をタップすることで解除できます。

使用状況データ

Appleは、サービスの品質を向上させるため、あなたのiCloudの使用状況に関するデータも収集します。ユーザに問題が発生した場合の対処のために、一部のデータがApple IDに関連付けられる場合があります。サービスへのアクセス元の都市と国を判別するためにIPアドレスが使用される場合がありますが、保存はされません。

Appleが収集する情報は、いかなる場合においても、Appleのプライバシーポリシー(www.apple.com/jp/privacy を参照)に従って取り扱われます。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: