Apple IDとプライバシー

Apple IDはあなたの個人情報を保護するように設計され、どの情報を共有するかを選択できるようになっています。


  • Apple IDを使ってサインインすると、iCloud、App Store、iMessage、“iPhoneを探す”などのサービスがこのiPhoneで有効になります。
  • 連絡先、カレンダー、写真、書類、ヘルスケア、アクティビティ、およびその他のAppのデータを含む特定のデータは保管およびバックアップのためにAppleに送信されます。
  • さらに、よりよいサービスとサポートを提供するために、デバイスはApple IDに関連付けられます。

お客様のApple IDとAppleが提供するすべてのサービスは、プライバシーを保護できるように最初から設計されています。お客様によりお楽しみいただくために最低限必要なデータだけを収集するように努め、またデータを収集する際は、どのような情報をどのような理由で集めているのかをお客様にお知らせし、お客様ご自身によくご理解いただいた上で判断していただくことが大事だと考えています。

Apple IDは、iCloud、App Store、iTunes Store、iMessage、FaceTimeなどのAppleのサービスにアクセスするために使用する個人的なアカウントで、このアカウントを使うことでお使いのすべてのデバイスやWeb上でコンテンツにアクセスできます。Apple IDにはサインインに使用する情報に加えて、Appleのあらゆるサービスで使用する連絡先、支払い情報、および信頼できる電話番号やセキュリティの質問などのセキュリティに関する詳細情報が含まれます。デバイスの名前やシリアル番号などのハードウェア識別情報も、サービスおよびサポートを向上する目的で保持されます。Apple IDアカウントページ(https://appleid.apple.com)では、Apple IDの情報を編集したり、デバイスのリストを表示したりできます。

Apple IDを使ってサインインすると、iCloud、iTunes Store、App Store、iMessage、FaceTime、“iPhoneを探す”などのサービスがこのiPhoneで有効になります。お客様のApple IDアカウント情報は、各サービスとデバイスの特定のデータ(連絡先、カレンダー、写真、書類、ヘルスケア、アクティビティ、Safariのタブ、およびその他のAppのデータを含む)で使用され、保管およびバックアップのためにAppleに送信されます。

iCloudとプライバシー

iCloudへのサインイン

iCloudを使用すると、デバイスに保存した特定のデータが自動的にAppleに送信されて保存されます。これにより、iCloud対応のすべてのデバイスやコンピュータ(以下、“デバイス”)で、自動的に自分のデータにアクセスできるようになります。このデータには以下のものが含まれます:

  • 連絡先
  • カレンダー
  • リマインダー
  • ブックマーク
  • Safariのタブ
  • ヘルスケアデータ
  • ホームデータ
  • メモ
  • 写真
  • 書類
  • Walletデータ
  • キーチェーンとパスワード
  • デバイスとアカウントの設定
  • iCloudを使用する他社製Appのデータ

iCloudバックアップも有効になっているので、デバイスの交換や復元が必要な場合に備えて、デバイスデータの最新のバックアップを保持できるようになります。

有効にするiCloud機能や、iCloudに送信されるデータの設定は、デバイスの“設定”でいつでも調整できます。

iCloudのデータセキュリティ

iCloudでは、情報を転送する際に暗号化し、暗号化フォーマットでiCloudに保存して、認証にセキュアトークンを使うことで情報を保護します。特定の情報には、エンドツーエンドの暗号化が使用されます。これにより、設計上、この情報にアクセスできるのはユーザ本人のみで、さらにiCloudにサインインしているデバイスからのアクセスに制限されます。Appleを含むほかの誰も、エンドツーエンドの暗号化情報にアクセスすることはできません。iCloudのデータセキュリティについて詳しくは、https://support.apple.com/ja-jp/HT202303 を参照してください。

iCloudデータが他社パートナーのサーバを使って保存される場合がありますが、Appleが他社に暗号化鍵を渡すことは絶対にありません。

iCloudキーチェーン

iCloudキーチェーンは、Safariで閲覧するWebサイトのユーザ名およびパスワード、クレジットカード情報、Wi-Fiネットワーク情報を最新の状態に保ち、これらをすべてのデバイスから利用できるようにします。また、“メール”、“連絡先”、“カレンダー”、“メッセージ”、Facebook、Twitter、LinkedIn、およびその他のインターネットアカウントで使用するアカウント情報も保存され、これらの情報はすべてのデバイスで自動的に追加されます。

iCloudキーチェーンはエンドツーエンドの暗号化を使用しており、設計上、ユーザ本人のみが、iCloudにサインインしているデバイスでのみ、この情報にアクセスできるようになっています。Appleを含むほかの誰も、iCloudキーチェーンのデータにはアクセスできません。iCloudキーチェーンは、iCloud設定でいつでもオフに設定できます。

iCloudバックアップ

iCloudバックアップを使用する場合、バックアップには、設定に応じてiOSデバイスからの写真、ビデオ、メッセージ(iMessage、SMS、およびMMS)、“ヘルスケア”などのAppデータ、位置情報設定(位置情報に基づくリマインダーなど)、Visual Voicemail、デバイス設定、デバイスの特徴などのデータが含まれます。

iCloudで特定のAppのAppデータのバックアップを停止するには、“設定”に移動し、お使いのApple IDをタップして、“iCloud”、“ストレージを管理”、“バックアップ”の順にタップし、“バックアップ”セクションで使用中のiOSデバイスを選択し、バックアップを使用不可にするAppのスイッチをオフにします。

iCloud設定でiCloudバックアップを完全にオフにし、iTunesを使ってiOSデバイスをコンピュータにバックアップすることもできます。iCloudからバックアップデータを完全に削除するには、iCloudバックアップをオフにする前に、個々のバックアップを削除します。削除しない場合、バックアップデータは最大180日間保持されます。

iCloudでのデータ共有

“メモ”、“Pages”、“Numbers”、“Keynote”、および特定の他社製Appで、iCloudを使用して公開または非公開でファイルを共有した場合、Appleでは共有されたファイルを保存し、そのファイルへのアクセス権を保持します。お使いのアカウントに関連付けられた姓名とファイル名は、共有が公開か非公開かにかかわらず、共有リンクにアクセスできるすべての人が知ることができます。非公開共有への参加者の識別情報は、その非公開共有に参加を依頼されて承認した人以外の誰にも知られることはありません。

iCloudとApp

一部のAppはiCloudを使用して、Appに入力されるデータやコンテンツを保存するので、iCloudが有効になっているすべてのデバイスでこのデータにアクセスできます。このようなAppは、データの一部またはすべてをiCloudに保存する場合があります。他社製Appはあなたを検索することを要求できます。これにより、そのAppのほかのユーザがApple IDで検索したときにあなたの姓名が表示されます。

AppがiCloudにデータを保存できないようにするには、iCloud設定の“iCloudを使用しているApp”でそのAppをオフにします。

“iPhoneを探す”

サインインしてiCloudを有効にすると、“iPhoneを探す”の特定の機能が自動的に有効になります。これらの機能には、デバイスでのサウンドの再生、リモートでのロックとメッセージの表示、リモート消去が含まれます。また、位置情報サービスを有効にした場合、“iPhoneを探す”によってデバイスの所在地を地図上で確認したり、サポートされているアクセサリが最後に接続された場所を表示したりできます。“最後の位置情報を送信”機能を有効にした場合は、デバイスのバッテリー残量が非常に低いレベルに下がったときはいつでも、最後に確認できたデバイスの位置情報がAppleに自動的に送信されます。

お使いのiPhoneで“iPhoneを探す”を使用すると、ペアリングされているApple Watchでもこの機能が自動的に有効になります。また、Apple Watchの“iPhoneを探す”を有効にすると、ペアリングされているiPhoneでも有効になります。

“iPhoneを探す”を使用すると、デバイスの位置情報がデバイスやアカウントの情報とともにAppleに送信され、Appleがサービスを提供できるように保持されます。デバイスの位置情報は、デバイスまたはアクセサリの位置情報をリクエストした場合にのみAppleに送信されます。Appleは位置情報を24時間保持およびアクセス可能にし、その後削除します。

“iPhoneを探す”は、“設定”>“Apple ID”>“iCloud”>“iPhoneを探す”にアクセスし、“iPhoneを探す”をオフに切り替えることでオフにできます。

“友達を探す”と“位置情報を共有”

位置情報サービスを有効にする場合、“友達を探す”と“位置情報を共有”を使用して選択した相手とデバイスの現在の所在地を共有できます。これらの機能を使用すると、共有相手の友達がリクエストした場合にのみ、デバイスの現在の所在地がAppleに送信され、2時間保持され、その後削除されます。

“友達を探す”と“位置情報を共有”は、ほかの人と位置情報を共有することを選択した場合にのみ有効になります。

iCloudが必要なAppleサービス

Apple Pay、アクティビティ共有、ホーム、Handoff、ユニバーサルクリップボード、Apple Watchでの自動ロック解除などのAppleサービスを使用するには、デバイスでiCloudにサインインしている必要があります。ただし、すべてのiCloud機能を使用する必要はありません。使用しないiCloud機能があれば、デバイスのiCloud設定でオフにできます。

iCloudからのサインアウト

iOSデバイスやペアリングされたすべてのApple WatchでのiCloudの使用を停止したい場合は、“設定”に移動し、お使いのApple IDをタップして、“サインアウト”ボタンをタップすることで、iCloudからサインアウトできます。MacでのiCloudの使用を停止する場合は、“システム環境設定”の“iCloud”パネルに移動し、iCloudからサインアウトします。Apple IDパスワードが必要な場合があります。

ファミリー共有

ファミリー共有では、コンテンツ、位置情報、画面の使用状況情報を家族で共有できます。家族なら誰でも、あなたが購入したコンテンツにアクセスしたり、購入履歴を表示したりできるようになります。購入コンテンツの共有を有効にすると、App Store、Apple Books、iTunesでコンテンツを購入した場合に、ファミリー管理者に領収書も届きます。購入したコンテンツを非表示にするには、“ファミリー共有”設定で“購入コンテンツを共有”をオフにします。位置情報サービスを家族と共有することを選択し、デバイスのシステムサービス設定の“位置情報サービス”で“iPhoneを探す”を無効にしていない場合、共有することを選択したすべての家族がお使いのすべてのデバイスの位置情報を表示できます。“ファミリーのスクリーンタイム”を有効にすると、必要に応じて家族の画面の使用状況に関する特定の情報を確認したり、時間制限を設定したりできるようになります。お互いの画面の使用状況情報を表示できるのは、権限が付与されたファミリーメンバーのみです。

iMessageとFaceTime

iPhoneでApple IDを使ってサインインすると、iMessageおよびFaceTimeに自動的にサインインされます。お使いのApple IDや電話番号は連絡を取った相手に表示されます。ほかのユーザは、あなたのApple ID、およびアカウントに登録されているメールアドレスや電話番号を使ってあなたに連絡することができます。iMessage/FaceTimeとプライバシーについての詳しい情報は、“設定”>“メッセージ”>“iMessage/FaceTimeとプライバシーについて”をご覧ください。

iTunes、App Store、Apple Music

iPhoneでApple IDを使ってサインインすると、iTunes Store、App Store、およびApple Musicに自動的にサインインされます。これにより、コンテンツを購入したりApple Musicを使い始めたりするのがすばやく簡単に行えます。購入内容はAppleのシステムに記録されるので、いつでも再ダウンロードできます。Apple Musicを使用する場合は、再生履歴が保持され、“For You”で表示されるおすすめをカスタマイズするのに利用される場合があります。再生履歴を共有しない場合は、Apple Music設定から変更できます。

iTunes Matchが利用できる地域で、iTunes Matchを使用している場合は、iCloudはiTunesライブラリ内のメディア情報を収集します。メディアは現在iTunes Storeで提供されている曲とマッチされるか、マッチできない曲はアップロードされます。マッチまたはアップロードされたら、これらの曲は対応デバイスからアクセスできるようになります。

iTunes、App Store、およびApple Musicについて詳しくは、“ストアおよびプライバシーについて”を参照してください。

Game Center

iPhoneでApple IDを使ってサインインすると、Game Centerに自動的にサインインされます。Game Centerではゲーム関連のアクティビティに参加することができ、これにはLeaderboardやマルチプレイヤーゲームへの参加、達成項目の確認などが含まれます。

Game Centerを使用すると、Game Centerのニックネームや関連するデータがほかのユーザに表示されることがあります。マルチプレイヤー機能に対応したゲームをプレイする際、同じWi-Fiネットワークやローカル・エリア・ネットワーク、またはBluetooth通信範囲内で同じゲーム内のGame Centerにアクセスしているほかのユーザには、あなたが近くにいること(この機能をオフにしている場合を除く)、およびあなたのニックネームが表示されます。リクエストを送信して友達になったユーザのみがあなたの本名を見ることができます。あなたが友達リクエストを送信していないユーザにはニックネームのみが表示されます。

使用状況データ

Appleは、サービスの品質を向上させるため、あなたのiCloudの使用状況に関するデータも収集します。ユーザに問題が発生した場合の対処のために、一部のデータがApple IDに関連付けられる場合があります。サービスへのアクセス元の都市と国を判別するためにIPアドレスが使用される場合がありますが、保存はされません。

Appleに送信される情報は常に、Appleのプライバシーポリシー(www.apple.com/jp/privacy を参照してください)に従って取り扱われます。"

 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: