Logic Pro X で Apple Loops ユーティリティを使えない場合

macOS High Sierra 以降で Logic Pro X 10.4 以降を使う場合、Apple Loops ユーティリティはサポートされません。

macOS High Sierra 以降で Logic Pro X 10.4 以降を使う場合、「機能」ポップアップメニューに「Apple Loops ユーティリティで開く」は表示されません。macOS High Sierra 以降の Logic Pro X 10.4 以降では、Apple Loops ブラウザでループを追加およびタグ付けし、Flex Time を使ってそのループを操作できます。 

さらに高度なループ編集については、Aurchitect の Loop Editor をお試しください。

* macOS Sierra の Logic Pro X は Apple Loops ユーティリティに対応しています。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: