Logic Pro X でテンポを自動的に合わせる

Logic Pro 10.4 のスマートテンポ機能を使えば、メトロノームを鳴らさずに演奏を録音し、録音のテンポに合わせてプロジェクトのテンポを調整したり、プロジェクトのテンポはそのまま維持して、Flex 機能で録音のテンポをプロジェクトに合わせたりできます。

スマートテンポには、「保持 (KEEP)」「調整 (ADAPT)」「自動 (AUTO)」の 3 つのモードがあります。

  • プロジェクトのテンポを使い、テンポに関連するすべての素材を同期する場合は、「保持」モードを使います。
  • 録音した演奏やオーディオファイルのテンポを解析し、そのテンポに合わせる場合は、「調整」モードを使います。
  • プロジェクトにテンポ基準 (メトロノームや別のリージョンなど) があるかどうかに基づいてモードを自動選択する場合は、「自動」モードを使います。テンポ基準がある場合は、プロジェクトのテンポがそのまま使われます。音楽的なテンポ基準が不在の場合は、録音した/読み込んだオーディオファイルのテンポに合わせてプロジェクトのテンポが調整されます。

スマートテンポのモードを選択するには、LCD の「スマートテンポ」ポップアップメニューをクリックします。

トラックの録音中にプロジェクトのテンポを合わせる

ギターやベースのトラックなど、オーディオトラックを録音する際は「調整 (ADAPT)」モードを使えます。「調整 (ADAPT)」モードは、フリー録音を行うときに一時的に使ってください。後続のトラックを「調整 (ADAPT)」モードをオンにしたまま録音すると、前回の録音を基準にしてテンポマップが変化します。 

「調整 (ADAPT)」モードの使い方は以下の通りです。

  1. 空のプロジェクトを新規作成し、オーディオトラックを 1 つ用意します。このトラックに対して正しいオーディオ入力を選択してください。
  2. LCD テンポディスプレイから「ADAPT」(調整) を選択します。テンポトラックが開いて、オーディオリージョンの録音中、追加中、または移動中にプロジェクトのテンポがどう変化するかを確認できます。
  3. 録音を始める前に、トラックの録音が終わった直後に自動実行されるアクションもいくつか設定しておけます。たとえば、トラックの開始位置を最初のダウンビートまで自動的にトリミングできます。「ファイル」>「プロジェクト設定」>「スマートテンポ」の順に選択し、「新規録音の設定」ポップアップメニューの横で「新規リージョンの先頭までトリム」を選択してください。
  4. 録音を開始します。録音中、プロジェクトのテンポが録音に合わせて調整されます。リージョンの赤い線は、検出されたテンポチェンジを表します。テンポマップがテンポトラックに表示されます。
  5. 録音が終わったら、スペースバーを押してトランスポートを停止します。
  6. 表示されるダイアログで、ファイル・テンポ・エディタを適宜開くことができます。ファイル・テンポ・エディタでは、録音内容をプレビューし、ダウンビート、テンポ、その他のテンポパラメータを調整できます。

リージョンを移動または編集した場合、テンポの変化もリージョンに追随して移動後/編集後の位置に適用されます。Drummer トラック、その他のリズミックな音源、Apple Loops をトラックに追加すると、それらが元のオーディオトラックのテンポに合わせて自動的に調整されます。

オーディオファイルを読み込んだ場合、読み込んだオーディオファイルに合わせてプロジェクトのテンポが変化します。

スマートテンポで DJ ミックスを作成する

スマートテンポ機能を使えば、DJ スタイルのミックスを簡単に作り、ミックスの曲をすべて同じテンポに合わせてスムーズに仕上げることができます。すべての曲を定義済みのテンポに合わせて再生するミックスか、最初に読み込んだ曲のテンポに合わせて再生するミックスを作成できます。

いずれの場合も、作成を始める前に「スナップ」ポップアップメニューを「スマート」に設定しておいてください。

定義済みのテンポで再生されるミックスを作成する

  1. 新しい空のプロジェクトを作成します。
  2. LCD でテンポをダブルクリックし、ミックスで使いたいテンポを入力します。
  3. 「ファイル」>「プロジェクト設定」>「スマートテンポ」の順に選択し、以下のように設定します。
    • 「プロジェクト・テンポ・モードのデフォルト」ポップアップメニューから「プロジェクトテンポを保持」を選択します。
    • 「読み込んだオーディオファイルの設定」ポップアップメニューから「オン+小節とビートを揃える」を選択します。読み込んだファイルで Flex が自動的に有効になり、スマートテンポ解析を使って、現在のプロジェクトテンポでダウンビートやビートがグリッドにクオンタイズされます。
  4. 最初のオーディオファイルを読み込みます。Logic Pro でファイルが分析され、設定されているプロジェクトテンポに合わせてファイルが調整されます。
  5. ファイル・テンポ・エディタで調整するには、ダイアログの「表示」をクリックします。
  6. トラック領域で、曲の開始位置と終了位置を適宜トリミングまたは移動します。  
  7. 次のオーディオファイルを読み込みます。新たに読み込んだファイルがプロジェクトのテンポで再生されます。

読み込んだ最初の曲のテンポでミックスを作成する

  1. 新しい空のプロジェクトを作成します。
  2. 「ファイル」>「プロジェクト設定」>「スマートテンポ」の順に選択し、以下のように設定します。
    • 「プロジェクト・テンポ・モードのデフォルト」ポップアップメニューから「プロジェクトテンポを調整」を選択します。
    • 「読み込んだオーディオファイルの設定」ポップアップメニューから「オン」を選択します。読み込んだファイルで Flex が自動的に有効になります。
  3. 最初のオーディオファイルを読み込みます。Logic Pro でファイルが分析され、テンポマップが作成されます。
  4. ファイル・テンポ・エディタで調整するには、ダイアログの「表示」をクリックします。たとえば、必要に応じて、新しいダウンビートをファイルの先頭に設定してください。
  5. トラック領域で、曲の開始位置と終了位置を適宜トリミングまたは移動します。
  6. スマートテンポを「KEEP」(保持) に設定し、次の曲を同じトラックに読み込みます。読み込んだファイルが、最初のオーディオファイルの最後のテンポイベントに合わせて再生されます。

スマートテンポの解析結果を調整してテンポ検出エラーを訂正する

スマートテンポを使ってオーディオリージョンを録音した後や、オーディオファイルを読み込んだ後で、ファイル・テンポ・エディタを使ってテンポ解析の結果を調整し、テンポ検出エラーを訂正できます。

たとえば、オーディオファイルを録音したり読み込んだりした後で Logic Pro でダウンビートが検知されなかった場合に、オーディオファイルのダウンビートを設定できます。オーディオファイルの波形を表示するメインのディスプレイで、ダウンビート (オレンジの線) を作成したいビートマーカー (赤い線) の上にポインタを置いてください。ビートマーカーの長さ分、マーカーに沿って円状のハンドル一式が表示されます。各ハンドルにはタグがあり、そのハンドルの機能の説明が表示されます。ビートマーカーの上にポインタを置いて、「ダウンビートを設定」ハンドルをクリックします。メインウインドウでハンドルを使って、ビートマーカーを移動したり拡大縮小したりすることもできます。

ほかにもファイル・テンポ・エディタでは、以下のような機能を使えます。

  • オーディオファイルに対して操作を実行するには (オーディオファイルを再解析する、プロジェクトのテンポをリージョンに合わせる、テンポの変更の範囲を広げる、ファイルに行ったテンポ編集を取り消すなど)、「アクション」ポップアップメニューをクリックします。
  • ファイルのテンポを 2 倍または 1/2 倍にするには、テンポディスプレイで「x2」または「/2」をクリックします。たとえば、オーディオトラックを「調整」モードで録音した場合に、自分が思っていたよりも 2 倍または 1/2 倍のテンポが自動検出されたようなときに使えます。
  • ファイルをプレビューするには、 をクリックします。
  • プレビューにメトロノームを追加するには、 をクリックします。
  • ファイルの再生をループさせるには、 をクリックします。

 

公開日:Wed Feb 21 14:31:33 GMT 2018