HomePod でタッチ調整を使う

HomePod でタッチコントロールをうまく使えない場合は、タッチ調整が一役買ってくれます。 

タッチ調整を有効にする

タッチ調整を使っている iOS デバイスで HomePod を設定すると、そのデバイスのタッチ調整の設定が自動的に HomePod に転送されます。

iPhone、iPad、iPod touch、Mac のホーム App で HomePod を設定した後で、タッチ調整を有効にすることができます。

iPhone、iPad、iPod touch のホーム App を使う

  1. HomePod の設定に使った Apple ID でサインインしている iOS デバイスで、ホーム App を開きます。
  2. HomePod を長押しして、「設定」をタップします。
  3. 下にスクロールして「アクセシビリティ」をタップします。
  4. 「タッチ調整」をオンにします。

Mac のホーム App を使う

  1. ホーム App を開き、HomePod の設定に使った Apple ID でサインインしていることを確かめます*。
  2. HomePod をダブルクリックして、右上隅の「設定」をクリックします。
  3. 下にスクロールして「アクセシビリティ」をクリックします。
  4. 「タッチ調整」をオンにします。

* Mac でホーム App を使うには、Mac を macOS Mojave にアップデートしてください。

タッチ調整の設定を変更する

タッチ調整には複数の機能があり、HomePod をコントロールしやすいように、それぞれの機能を調整できます。

 

タッチしてから HomePod が反応するまでの時間の長さを選択する

「保持継続時間」をオンにして、プラス記号とマイナス記号のボタンを使って、継続時間を選択します。「保持継続時間」よりも短い時間しか触れていなければ無視され、タッチしたとは認識されません。

複数回タッチしても 1 回として認識するように HomePod を設定する

HomePod のコントロールを 1 回だけうまくタッチできない場合は、「繰り返しを無視」をオンにします。すると、コントロールを立て続けに数回タッチした場合は、1 回のタッチとして認識されるようになります。

プラス記号とマイナス記号のボタンを使って、タイミングを調整してください。

スライドタッチへの HomePod の反応を選択する

タッチコントロールをタップする代わりに、その上で指をスライドさせてしまいがちな場合は、「タップ補助」を使いましょう。スライドし始めた位置またはスライドし終わった位置のどちらに HomePod が反応するかを選択できます。

  • 本来タッチしたい場所に向けて指を滑らせがちな場合は、「タッチ終了位置を使用」を選択してください。
  • 目的の場所をタッチした後で指を滑らせてしまいがちな場合は、「タッチ開始位置を使用」を選択してください。

関連情報

HomePod で VoiceOver を使うこともできます。

公開日: