iPhone X や iPad Pro の画面注視認識機能について

iPhone X 以降、iPad Pro 11 インチ、iPad Pro 12.9 インチで画面注視認識機能のオン/オフを切り替える方法についてご説明します。

iPhone の「Face ID とパスコード」設定画面。「画面注視認識機能」がオンになっています。

画面注視認識機能のオン/オフを切り替える

Face ID の登録をしていなくても、iPhone X 以降、iPad Pro 11 インチ、iPad Pro 12.9 インチの TrueDepth カメラは賢く働き、画面注視認識機能を発揮してくれます。たとえば、以下のように働きます。

  • デバイスを見ていれば、その目線を外さない限り、ディスプレイが暗くなりません。
  • デバイスを見ているときは、通知音量を低く抑えてくれます。

こうした機能が不要な場合は、「設定」>「Face ID とパスコード」の順に選択し、「画面注視認識機能」をオフにしてください。

関連情報

  • Face ID を使えば、iPhone や iPad のロック解除、購入時の認証、App へのサインインなど、すべて画面を覗き込むだけで安全に済ませることができます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  • iPhone、iPad、iPod touch の通知機能の使い方については、こちらの記事を参照してください。
公開日: