Face ID を使って iWork の書類を開く

Pages、Numbers、Keynote の書類をパスワードで保護している場合、iPhone X を見るだけで書類を開けるように Face ID を設定しておけます。

iWork で書類を作成するときに、そのファイルを開くユーザにパスワードの入力を義務付けることができます。iPhone X なら、パスワードを入力する代わりに Face ID を使えます。Touch ID に対応した iOS デバイスをお使いの場合は、Touch ID を使って iWork の書類を開くことができます。

パスワードで保護された書類のロックを Face ID で解除するには、まず、iPhone X で Face ID を設定します。ロックされている Pages、Numbers、Keynote の書類を Face ID ではじめて開くときは、iWork App で Face ID を使えるようにするか確認する画面が表示されます。この確認は、App ごとに 1 回だけ行われます。この設定は、「設定」>「Face ID とパスコード」>「その他の App」で変更できます。

書類にパスワードを追加する

iPhone X で Pages、Numbers、Keynote の書類を開いた状態で、その他アイコン をタップし、「パスワードを設定」をタップします。「パスワード」フィールドと「確認」フィールドにパスワードを入力し、テキストパスワードを覚えておけるようにパスワードのヒントを追加しておきます。「Face ID で開く」がオンになっていることを確認したら、「完了」をタップしてください。

パスワードで保護された書類を Face ID で開く

パスワードで保護された書類をはじめて開くときは、書類のテキストパスワードを入力してください。iPhone X で Face ID を設定してある場合は、さらに「Face ID で開く」オプションがオンの状態で表示されます。 

同じ書類を次回開くときは、書類のパスワードを入力する代わりに、iPhone X に視線を向けるだけで開けます。2 回試しても顔が認識されない場合は、書類のパスワードを入力できます。

公開日: