起動セキュリティユーティリティについて

起動セキュリティユーティリティを使えば、いつでも指定した起動ディスクから、正規の信頼されたオペレーティングシステムを使って Mac が起動するように徹底できます。

Apple T2 チップを搭載した Mac コンピュータにだけ付属している起動セキュリティユーティリティは、3 つの機能 (ファームウェアパスワードによる保護安全な起動外部起動) を使って、Mac を不正アクセスから守ってくれます。

起動セキュリティユーティリティを開くには、以下の手順を実行してください。

  1. Mac の電源を入れ、Apple ロゴが表示されたらすぐに「command (⌘) + R」キーを押し続けます。Mac が macOS 復元から起動します。
  2. 「macOS ユーティリティ」ウインドウが表示されたら、メニューバーから「ユーティリティ」>「起動セキュリティユーティリティ」を選択します。
  3. 認証を求められたら、「macOS のパスワードを入力」をクリックし、管理者アカウントを選択して、そのパスワードを入力します。

ファームウェアパスワードによる保護

ファームウェアパスワードを使えば、そのパスワードを知らない人が、指定されている起動ディスク以外のディスクから無断で起動することはできなくなります。ファームウェアパスワードを設定するには、「ファームウェアパスワードをオンにする」をクリックし、画面の指示に従ってください。ファームウェアパスワードについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。

さらに外部起動を使って、ファームウェアパスワードを知っている人でも、外部メディアから起動できないようにしておけます。

安全な起動

この機能を使えば、Mac が正規の信頼されたオペレーティングシステムからしか起動しないように徹底できます。「安全な起動」機能について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

外部起動

この機能を使って、外付けのハードドライブ、USB メモリ、その他の外部メディアから Mac を起動できるようにするかどうかを指定します。* 最も安全な設定は「外部メディアからの起動を許可しない」で、これがデフォルトになっています。この設定が選択されていると、Mac を外部メディアから起動できなくなります。

  • システム環境設定の「起動ディスク」では、セキュリティ設定により、この Mac では外付けの起動ディスクを使えなくなっているというメッセージが表示されます。
  • Startup Manager では外部の起動ディスクを選択できますが、そうすると Mac が再起動し、セキュリティ設定により、この Mac では外付けの起動ディスクを使えないというメッセージが表示されます。その後、現在の起動ディスクから再起動するか、別の起動ディスクを選択するかを選べます。

Mac で外部の起動ディスクを使えるようにするには、以下の手順を実行してください。

  1. 起動セキュリティユーティリティを開きます
  2. 「外部メディアからの起動を許可」を選択します。 
  3. Mac を再起動する前に外部の起動ディスクを選択したい場合は、起動セキュリティユーティリティを終了してから、Apple () メニュー >「起動ディスク」の順に選択します。

* Apple T2 チップを搭載した Mac コンピュータは、ネットワークボリュームからの起動には対応していません。

公開日: