iPhone や iPad Pro で Face ID が機能しない場合

Face ID を使って iPhone や iPad のロックを解除する、購入時の認証をする、App にサインインする際にうまくいかない場合や、パスコードの入力画面が表示される場合の対処法をご案内します。

アップデートがないか確認する

Face ID の設定を確認する

Face ID の設定を確認するには、「設定」を開いて「Face ID とパスコード」をタップします。Face ID が設定されていて、Face ID を使おうとしている機能がオンになっているか確認してください。

TrueDepth カメラが何かで覆われていないか確かめる

TrueDepth カメラにゴミやホコリが付着していたり、ケースやスクリーンプロテクターで覆われたりしている場合は、取り除いてください。

iPad を横向きにしている場合は、TrueDepth カメラを指や手のひらで覆わないように気を付けてください。覆ってしまうと、画面の上部に「カメラが覆われています」という警告と、TrueDepth カメラの位置を指す矢印が表示される場合があります。

iPhone の TrueDepth カメラをラインで示しているところ。画面上部の 2 つの丸印が、中央のノッチの左右の端を示しています。

顔が何かで覆われていないか確かめる

目、鼻、口がしっかりと TrueDepth カメラに映っているか確認してください。デフォルトでは、口や鼻が何かで覆われていると Face ID は機能しません。マスクを着けていて、前もって「マスク着用時 Face ID*」を設定してある場合は、目が遮られずに映っているか確認してください。マスクの着用時は、iPhone を持つ位置を通常より高めにした方がいいかもしれません。マスクの着用位置が高すぎたり、目元に近すぎたりすると、iPhone のロックを解除できない場合があります。

Face ID は各種のサングラスをしていても機能しますが、「マスク着用時 Face ID」は、サングラス着用時を想定した機能ではありません。特定の光をカットしてくれる偏光サングラスをかけている場合は、TrueDepth カメラで使われている赤外線が遮られる可能性があります。その場合は、サングラスをかけずに Face ID をお使いください。

*「マスク着用時 Face ID」は、iOS 15.4 以降を搭載した iPhone 12 以降で使えます。

 

TrueDepth カメラに顔を向けているか確認する

Face ID は、iPhone が縦向きになっていて、顔が TrueDepth カメラに向いているときにだけ働きます。iPad では、本体をどの向きにしていても Face ID を使えます。

TrueDepth カメラの画角は、セルフィーを撮ったり FaceTime 通話をしたりするときとほぼ同じです。iPhone や iPad を平面に置いているときや、普段の位置で持っているときは、本体を顔から腕の長さ程度かそれより近く (25 〜 50 センチ) に離すようにしてください。

 

デバイスを再起動する

iPhone または iPad を再起動し、パスコードを入力します。その後、もう一度 Face ID を使ってみてください。

 

もう一つの容姿を追加する

多くのユーザにとって、Face ID はその人の変化に伴い、継続的に学習していってくれます。見た目が劇的に変わることがある場合は、それでも Face ID で認識されるように、もう一つの容姿として設定しておくことができます。

もう一つの容姿を設定するには、以下の手順を実行してください。

  1. 「設定」を開いて、「Face ID とパスコード」をタップします。パスコードの入力画面が表示された場合は、入力します。
  2. 「もう一つの容姿を設定」をタップします。
  3. iPhone または iPad をまっすぐ覗き込んで、顔がフレームの中に収まるようにします。
  4. 頭をゆっくりと、円を描くように動かします。頭を動かせない場合は、「アクセシビリティオプション」をタップしてください。
  5. 最初の Face ID のスキャンが終わったら、「続ける」をタップします。
  6. もう一度、円を描くようにして、頭をゆっくりと動かします。
  7. Face ID の設定が終わったら、「完了」をタップします。


Face ID をリセットする

それでもうまくいかない場合は、Face ID をリセットしてから、設定し直してください。「設定」を開いて、「Face ID とパスコード」をタップし、「Face ID をリセット」をタップします。その後、「Face ID を設定」をタップして、もう一度設定してください。

 

修理を受ける

依然として顔を登録できない場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

デバイスの修理は必ずトレーニングを受けた技術者にご依頼ください。適切に修理されない場合、改造された場合、Apple 純正品以外のコンポーネントをレーザーシステムで使った場合は、安全機構が適切に作用しなくなり、危険性の高い暴露につながり、目や肌を痛める可能性があります。

 

パスコードの入力が必要な場合

以下の状況下では、Face ID を使う代わりにパスコードまたは Apple ID の入力が必要になることがあります。

  • マスクを着用していて、「マスク着用時 Face ID」を設定していないとき。
  • デバイスの電源を入れた直後や再起動したとき。
  • デバイスが 48 時間以上ロック解除されていないとき。
  • デバイスのロック解除に過去 6 日半パスコードが使われておらず、過去 4 時間に Face ID でデバイスのロックを解除していないとき。
  • デバイスでリモートのロックコマンドを受信したとき。
  • 顔認証に 5 回失敗した後。
  • 音量ボタンのどちらかとサイドボタンを同時に 2 秒間長押しして電源オフ/緊急 SOS を作動させた後。
公開日: