「運転中の通知を停止」機能の使い方

iOS 11 以降には、iPhone が運転中かどうかを察知し、通知を停止してくれる機能があります。

iOS 11 以降では、iPhone ではじめて運転中だと認識されると、車を停めた後で、「運転中の通知を停止」機能についての説明が表示されます。この説明が表示されない場合は、以下の手順を実行してください。

「運転中はオンにする」をタップすると、iPhone を Bluetooth1 で車につないだとき、または iPhone が運転動作を察知したときに、この機能が自動的にオンになります。iPhone が運転中かどうかの判定に使う方法を変更したり、この機能を手動でオンにしたりすることができます。

国や地域によっては、「運転中の通知を停止」を利用できません。

コントロールセンターでオン/オフを切り替える

「運転中の通知を停止」は自動的にオンにするか、または、操作しやすいようにコントロールセンターに追加しておくことができます。

  1. 「設定」>「コントロールセンター」の順に選択し、「コントロールをカスタマイズ」をタップします。
  2. 「運転中の通知を停止」の横にある をタップします。

iPhone X 以降では、画面の右上から下にスワイプして、「運転中の通知を停止」アイコン をタップするだけで、この機能のオン/オフを切り替えられます。iPhone 8 以前では、画面の下部から上にスワイプして 「運転中の通知を停止」アイコン をタップすれば、オン/オフが切り替わります。


「運転中の通知を停止」をオンにしているときの変化

「運転中の通知を停止」をオンにしているときは、以下のようになります。これらの機能の多くは「設定」でカスタマイズできます。

  • iPhone で音がしなくなり、画面が暗いままになります。誰かがメッセージが送ってくれた場合、その人には、こちらが運転中であることを知らせる自動返信が届きます。重要なメッセージである場合は、「緊急」という単語を添えて送信してもらえば、確実に通知を受信できます。その場合は、車を停めてから重要なメッセージを読むか、Siri に読んでもらえます。
  • 緊急速報、タイマー、アラームなど、一部の通知は引き続き配信されます。
  • 電話は、通常のおやすみモードと同じ条件で着信します。「よく使う項目」に追加されている人の電話だけ受けたり、同じ人が立て続けに 2 回かけてきたときは受けたりすることができます。iPhone が Bluetooth で車に接続されている場合、電話は通常通りに着信し、車のボタン、マイク、スピーカーを使って応答できます。
  • マップをナビゲーションに使う場合は、iPhone のロック画面にナビゲーション情報が表示され、詳しいルート案内もしてくれます。
  • この機能がオンになっている iPhone を同乗者が使おうとした場合、「運転中ではありません」をタップしてオフに切り替える必要があります。


「運転中の通知を停止」の機能をカスタマイズする

「運転中の通知を停止」の機能をカスタマイズするには、「設定」画面を開いて、「おやすみモード」をタップします。

「アクティベート」をタップして、「運転中の通知を停止」をオンにする方法を選択します。

  • 自動:iPhone がモーション検知やネットワーク接続などの情報を参考にして、運転中かどうかを認識し、この機能をオンに切り替えてくれます。2 3
  • 車載 Bluetooth に接続時:iPhone を車載のハンズフリーシステムに接続したときに、「運転中の通知を停止」が作動します。3
  • 手動:コントロールセンターを使って、運転し始める前に、「運転中の通知を停止」をオンにします。
  • Carplay で有効にする:iPhone を CarPlay に接続すると自動的に「運転中の通知を停止」が有効になります。

「自動返信先」を使って、「運転中の通知を停止」が有効になっているときに自動返信を送る相手を選択しますメッセージが届いたときに相手に送る文面もカスタマイズできます。こちらで「運転中の通知を停止」がオンになっていても、どうしても連絡を取る必要がある人は、補足のメッセージとして「緊急」と送信すればつながります。


お子様の電話で「運転中の通知を停止」をオンのまま固定する

保護者の方は、お子様に安全運転を意識させ、「運転中の通知を停止」の利用を習慣づけるため、この機能を変更できないように制限することができます。

お子様の iPhone で、以下の手順を実行してください。

  1. 「設定」>「スクリーンタイム」の順に選択し、「スクリーンタイムをオンにする」をタップします。
  2. 「続ける」をタップし、「これは子供用の iPhone です」をタップします。この画面で、画面の案内に従って特定の制限を有効にするか、または「コンテンツとプライバシー」の制限の画面が表示されるまで「あとで行う」をタップします。
  3. 「続ける」をタップし、保護者のパスコードを作成します。
  4. 「コンテンツとプライバシーの制限」をタップし、保護者のパスコードを入力します。 
  5. 下にスクロールして、運転中の通知を停止」をタップし、「許可しない」をタップします。

お子様のデバイスでこの機能を有効にした後は、保護者のパスコードがなければ、お子様が無効に切り替えることはできません。


関連情報

iPhone、iPad、iPod touch でおやすみモードを使い、運転中以外に通知を停止する方法については、こちらの記事を参照してください。


  1. CarPlay に対応している車に iPhone をつないだ場合、「運転中の通知を停止」は自動的には作動しません。
  2. iPhone 5s は、自動アクティベートには対応していません。
  3. この機能を使うには、「フィットネス・トラッキング」をオンにしておく必要があります。「設定」>「プライバシー」>「モーションとフィットネス」>「フィットネス・トラッキング」の順に選択してください。
公開日: