Apple Pay が使える場所について

Apple Pay は、店舗、App 内、Safari の Web 上での支払いに使えます。また、一部の国や地域では交通機関の運賃の支払いにも使えます。ビジネスチャットでも使えます。1

店舗での支払い

以下のいずれかのマークが表示されているところなら Apple Pay を使えます。2 または、マップ (Apple の「マップ」アプリケーション) で「Apple Pay」と検索すると、Apple Pay に対応している近くのお店が表示されます。

Apple Pay と非接触型カードのアイコン

 

中国本土では、以下のいずれかのマークが表示されているところで Apple Pay を使えます。2

Apple Pay のシンボル

日本では、以下のいずれかのマークが表示されているところで Apple Pay を使えます。2

Apple Pay のシンボル (日本)

 

米国では、友達や家族との個人間送金にも Apple Pay を使えます。また、iPhone、iPad、iPod touch でビジネスチャットを使って、この機能に対応している事業者に対して支払いをすることができます。3

App 内や Safari でのオンライン支払い

以下のボタンが表示されているところや、支払い方法として Apple Pay が明記されているところで、Apple Pay を使えます。「Donate with Apple Pay」(Apple Pay で寄付) や「Buy with Apple Pay」(Apple Pay で購入) と表示されている場合もあります。

Apple Pay のアイコン

 

関連情報

  • Apple Pay で交通機関を利用する方法については、こちらの記事をご覧ください。
  • ビジネスチャットについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  1. 中国本土では、iOS 11.2 以降を搭載した Apple Pay 対応の iPhone と iPad でのみ、Safari の Web 上で Apple Pay を利用できます。
  2. お店によっては、リーダー (読み取り端末) や POS 端末にこれらのマークが付いているにもかかわらず、Apple Pay などの非接触型決済に対応するための設定がまだなされていない場合があります。これらのマークが表示されているお店で Apple Pay を使えない場合はこちらからお知らせください。
  3. ビジネスチャットは現在ベータ版です。一部の国では、ビジネスチャットは今後さまざまな企業に段階的に展開される予定です。
公開日: