iPhone で「手前に傾けてスリープ解除」を使う

iPhone で「手前に傾けてスリープ解除」または「タップしてスリープ解除」を使う方法について説明します。

     

「手前に傾けてスリープ解除」を使う

iPhone 6s 以降では、ホームボタンを押さなくても、すばやく通知を確認したり写真を撮ったり、いろいろなことをすばやくこなせます。

iPhone を手前に傾けて見るだけで、自動的にスリープが解除され、ロック画面が表示されます。この画面から、通知を確認したり、コントロールセンターを開いたり、左にスワイプして写真を撮ったりすることができます。

iPhone のロックを解除する必要があれば、ホームボタンを押してください。何もしなければ、iPhone はスリープ状態に戻ります。

「手前に傾けてスリープ解除」のオン/オフを切り替えるには、「設定」>「画面表示と明るさ」の順に選択します。

「タップしてスリープ解除」を使う

iPhone X では、画面をタップするだけでも、通知の確認や写真撮影などをすばやくこなせます。iPhone のロックを解除する必要があれば、画面の下部から上にスワイプしてください。

公開日: