iPhone で「手前に傾けてスリープ解除」を使う

iPhone で「手前に傾けてスリープ解除」または「タップしてスリープ解除」を使う方法について説明します。

手前に傾けてスリープを解除した iPhone の画面 

「手前に傾けてスリープ解除」を使う

iPhone を手前に傾けて見るだけで、自動的にスリープが解除され、ロック画面が表示されます。この画面から、すばやく通知を確認したり、コントロールセンターを開いたり、左にスワイプして写真を撮ったり、右にスワイプしてウィジェットにアクセスしたりすることができます。

また、iPhone X 以降では、画面をタップして、通知を確認し、写真を撮り、すばやくフラッシュライトにアクセスすることもできます。

iPhone X 以降のロックを解除する必要があれば、画面の下部から上にスワイプしてください。iPhone 8 以前では、ホームボタンを押します。何もしなければ、iPhone はスリープ状態に戻ります。

「手前に傾けてスリープ解除」のオン/オフを切り替えるには、「設定」>「画面表示と明るさ」の順に選択します。

iPhone 14 Pro および iPhone 14 Pro Max では、常時表示ディスプレイがデフォルトで有効になります。ロック画面の明るさを落としつつ、時刻、ウィジェット、壁紙などの便利な情報は引き続き表示できます。

常時表示ディスプレイが有効な間に iPhone を操作するには、持ち上げるか、画面をタップするか、サイドボタンを押します。「手前に傾けてスリープ解除」を使っている場合は、iPhone を持ち上げて視線を向ければ、普段通りに iPhone のロックが解除されます。また、ディスプレイの下部から上にスワイプして iPhone のスリープを解除し、Face ID 認証を利用することもできます。

公開日: