iPhone、iPad、iPod touch で iWork の書類をブラウズする

書類マネージャを使って、Pages、Numbers、Keynote の書類をブラウズし、管理できます。

iOS 11 では、Pages、Numbers、Keynote の書類マネージャがファイル App と連係して、複数のデバイスや App の間で書類を常に最新の状態に同期してくれます。書類を開いているときに、ほかの書類をブラウズするには、以下の手順を実行してください。

  • iPhone または iPod touch では、左向きのアイコン をタップします。
  • iPad では、使っている iWork App に応じて、「書類」「スプレッドシート」「プレゼンテーション」をタップします。

書類をブラウズする

iWork の書類を保管してある別の場所を見るには、書類マネージャで「ブラウズ」をタップします。何回かタップしなければならない場合があります。「ブラウズ」メニューが表示されたら、目的の場所をタップして、書類マネージャで開きます。「場所」には、お使いのデバイス、iCloud Drive、他社のクラウドサービスなどが表示されます。ブラウズしたい場所が表示されない場合は、その場所を有効にすれば、「ブラウズ」メニューに表示されるようになります。

以下のいずれかの方法でも、書類をブラウズできます。

  • 使用中の iWork App で最近編集した書類を見るには、「最近使った項目」をタップします。
  • 別の書類を探すには、ウインドウの上部にある「検索」フィールドの中をタップして、その書類の名前を全部または一部入力します。
  • 書類マネージャで書類を名前別、日付別、サイズ別、タグ別に並べ替えるには、書類マネージャを下にスワイプし、ボタンが表示されたら目的のボタンをタップします。 
  • 書類をサムネール形式またはリスト形式で表示するには、リストのアイコン をタップします。
  • 同じタグが付いている書類を見るには、「ブラウズ」メニューでタグをタップします。タグの使い方については、こちらを参照してください。

書類をフォルダやタグで整理する

Pages、Numbers、Keynote の書類を iPad で整理する

フォルダを作って、その中に書類を保存するやり方で、書類を整理しておけます。フォルダは以下の手順で作成してください。

  1. 書類マネージャで「ブラウズ」をタップし、場所をタップします。 
  2. 書類マネージャで下にスワイプし、新規フォルダのアイコン をタップします。
  3. 新しいフォルダに名前を付けて、「完了」をタップします。
  4. そのフォルダの中に新しい書類を作成するには、フォルダを開いて、「書類を作成」をタップします。書類は移動しない限り、そのフォルダに保存されます。

タグを使ってファイルを整理することもできます。タグを付けておけば、必要な書類をすばやく簡単に見つけ出せます。

書類にタグを付ける

  1. 「選択」をタップし、書類のサムネールをタップして、その上にチェックマークを表示させます。
  2. iPad では「共有」をタップし、iPhone と iPod touch では 共有アイコン をタップして、タグの追加ボタン をタップします。
  3. 既存のタグの中から選択するか、新しく作成できます。自分でタグを作成するには、以下の手順を実行してください。
    • 「新規タグを追加」をタップします。
    • タグの名前を入力して、色を選択します。
    • 「タグを追加」をタップします。書類に新しいタグを付けると、そのタグが「ブラウズ」メニューにも表示されるようになります。

タグを管理する

  1. 「ブラウズ」をタップして「ブラウズ」メニューを開き、「編集」をタップします。
  2. 既存のタグの名前をタップします。
  3. 新しいタグの名前を入力します。
  4. 「完了」をタップします。

書類を管理する

書類マネージャで書類を共有、移動、コピー、削除できます。「選択」をタップし、書類のサムネールをタップして、その上にチェックマークを表示させます。画面の下部で目的のオプションをタップします。

書類マネージャで書類を選択したところ

  • 書類を共有するには、iPad では「共有」、iPhone または iPod touch では 共有アイコン をタップして、書類の共有方法を選択します。書類を別のフォーマット (PDF など) で共有または保存するには、「書き出し」をタップします。
  • 書類を別のフォルダや場所にコピーまたは移動するには、iPad では「移動」、iPhone では 移動ボタン をタップして、新しい場所を選択し、「コピー」または「移動」をタップします。
  • 書類を削除するには、iPad では「削除」、iPhone または iPod touch では ゴミ箱のアイコン をタップします。

 

書類の名前を変更する

書類の名前を変更する前に、書類をサムネール形式で表示しておいてください。

  1. 書類マネージャで、書類の名前をタップし、テキストフィールドの「x」をタップして、現在付いている名前を削除します。
  2. 新しい名前を入力してから、「完了」をタップします。

最近削除した書類や、書類の以前のバージョンをブラウズして開く

最近削除した書類をブラウズして開くには、以下の手順を実行してください。

  1. 「ブラウズ」をタップして「ブラウズ」メニューを開き、「最近削除した項目」をタップします。最近削除した書類が、書類マネージャに表示されます。 
  2. 「選択」をタップし、書類をタップしてから「復元」をタップします。 
  3. 最近削除した項目に関する情報を見るには、書類またはフォルダの名前を長押ししてから指を放し、表示されたメニューの「情報」をタップします。

iCloud Drive に保存した書類の以前のバージョンをブラウズし、復元することもできます。

  1. 「ブラウズ」をタップして「ブラウズ」メニューを開き、「iCloud Drive」をタップします。
  2. 書類マネージャで、「選択」をタップし、書類をタップしてから、以下のいずれかを行います。
    • iPad では、「バージョン」をタップします。 
    • iPhone または iPod touch では、復元アイコン をタップします。
  3. バージョンをタップして選択します。 
    • バージョンをプレビューするには、「プレビュー」をタップします。プレビューでテキストを検索したり、テキストやオブジェクトをコピーしたりできます。ただし、プレビューで編集することはできません。 
    • バージョンを開いて編集できるようにするには、「コピーを保存」をタップします。
    • 現在のバージョンをプレビューバージョンで置き換えるには、「復元」をタップします。
    • 現在のバージョンに戻るには、「閉じる」をタップします。

「ブラウズ」メニューをカスタマイズする

書類を保存してある場所の表示/非表示を切り替えたり、項目を並べ替えたり、タグのカテゴリを編集したりすることができます。書類マネージャで「ブラウズ」メニューに変更を加えた場合、ファイル App の「ブラウズ」メニューにも反映されます。他社のクラウドサービスを使って書類を管理している場合は、お使いのデバイスにその App をダウンロード、インストールし、設定してから、書類マネージャやファイル App でオンにして使えるようにしてください。

  1. 「ブラウズ」をタップします。
  2. 「ブラウズ」メニューで、「編集」をタップし、以下のいずれかを行います。
    • 使いたい場所をオンにします。
    • 項目を並べ替えるには、並べ替えアイコン を長押ししたまま、場所やタグラベルを新しい位置までドラッグします。
    • タグのカテゴリを削除するには、削除アイコン をタップします。
  3. 「完了」をタップします。 

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: