2 ファクタ認証にアップデートした後で復旧キーを生成する

2 ステップ確認をご利用の場合、iOS 11 または macOS High Sierra を搭載したデバイスでサインインすると、Apple ID が自動的に 2 ファクタ認証にアップデートされます。アカウントがアップデートされた後、新しい復旧キーを生成しておくことができます。

復旧キーがなくても 2 ファクタ認証は利用できますが、復旧キーを使えば、Apple ID のセキュリティ管理がしやすくなります。新しい復旧キーを生成すると、その時点で、ほかのアカウント復旧策がすべて無効になります。その後は、パスワードをリセットする場合も、アカウントへのアクセスを復旧する場合も、復旧キーが唯一の手段となります。

復旧キーをなくした場合、Apple ID アカウントから完全にロックアウトされてしまう可能性があります。そのため、復旧キーは安全な場所に保管しておくことが大事です。復旧キーのコピーを家族に渡しておいたり、複数の場所に分けてコピーを取っておいたりすると安心です。そうしておけば、復旧キーが必要になったときに、いつでも手元に用意できます。

新しい復旧キーは、「設定」画面またはシステム環境設定から生成できます。

iPhone、iPad、iPod touch の場合

  1. 「設定」>「[あなたのユーザ名]」>「パスワードとセキュリティ」の順に選択します。場合によっては、Apple ID のパスワードを入力する必要があります。
  2. 「復旧キー」をタップします。
  3. 「復旧キー」をスライドさせてオンにします。
  4. 「復旧キーを使用」をタップし、デバイスのパスコードを入力します。
  5. 復旧キーを書き留めて、安全な場所に保管しておきます。
  6. 確認のため、次の画面で復旧キーを入力します。

Mac の場合

  1. 「システム環境設定」>「iCloud」>「アカウントの詳細」の順に選択します。場合によっては、Apple ID のパスワードを入力する必要があります。
  2. 「セキュリティ」をクリックします。
  3. 「復旧キー」セクションで、「入にする」をクリックします。
  4. 「復旧キーを使用」をクリックします。
  5. 復旧キーを書き留めて、安全な場所に保管しておきます。
  6. 「続ける」をクリックします。
  7. 確認のため、次の画面で復旧キーを入力します。
公開日: