Apple Configurator の新機能

Apple Configurator の最新のアップデートについて説明します。

最新バージョンの Apple Configurator を入手するには、Mac の App Store で「アップデート」タブを確認してください。Apple Configurator 2.8.2 の使用条件については、こちらを参照してください。

Apple Configurator 2.8.2 の新機能

新しいハードウェアのサポート

Apple Configurator 2.8.1 の新機能

iOS

制限ペイロードの新しい設定

  • 近接通信に基づくパスワード共有要求を許可 (監視対象デバイスのみ)
  • パスワードの共有を許可 (監視対象デバイスのみ)
  • パスワードの自動入力を許可 (監視対象デバイスのみ)
  • 日付と時刻の自動設定を強制 (監視対象デバイスのみ)
  • USB 制限モードを許可 (監視対象デバイスのみ)
  • 連絡先の管理対象アカウントが管理対象外アカウントに書き込むことを許可
  • 連絡先の管理対象外アカウントが管理対象アカウントを読み出すことを許可
  • eSIM を無効化 (監視対象デバイスのみ)

メールおよび Exchange ペイロードの新しい設定

  • ユーザによる S/MIME 署名の有効化または無効化を許可
  • ユーザによる S/MIME 署名証明書の選択変更を許可
  • ユーザによる S/MIME 暗号化の有効化または無効化を許可
  • ユーザによる S/MIME 暗号化証明書の選択変更を許可

Exchange ペイロードの新しい設定

  • 認証に OAuth を使用

通知ペイロードの新しい設定

  • グループ化された通知を許可
  • 重大な通知の送信を App に許可するかどうかを指定
  • CarPlay に表示

設定アシスタントパネルのデバイス登録の新しいスキップオプション

  • iMessage と FaceTime、スクリーンタイム、「デバイスを最新に保つ」
  • 管理者以外のユーザによるソフトウェアアップデートのインストールを許可
  • モバイル通信プランを追加

tvOS

制限ペイロードの新しい設定

  • 近接通信に基づくパスワード共有要求を許可 (監視対象デバイスのみ)

Apple Configurator 2.7.1 の新機能

  • Configurator で管理できるように監視対象デバイスを準備すると、デバイスのロック中でも USB アクセサリの接続を自動的に許可
  • iOS 11.4.1 向けの新しい監視対象のみの制限を構成:デバイスのロック中も USB アクセサリを許可

Apple Configurator 2.7 の新機能

  • iOS 11.3 と tvOS 11.3 の設定アシスタントのパネルをスキップ
  • iOS 11.3 用の新しいプロファイルペイロードと制限を構成 (自動入力前に Face ID 認証を必須にする、管理対象のソフトウェアアップデートを構成する、CellularServices サービスの例外処理、教師が作成したクラスを退室する前に教師の同意を必須にするなど)
  • iOS 11.3 用の新しいプロファイルペイロードと制限を構成 (ホワイトリストに登録された iOS デバイスからのリモート接続の制限など)

Apple Configurator 2.6.1 の新機能

  • Apple TV (第 3 世代) に構成プロファイルをインストールする機能の復元など、さまざまなバグ修正と機能改善

Apple Configurator 2.5 の新機能

  • デバイスを暫定的に Device Enrollment Program (DEP) に追加
  • iOS 設定アシスタントの「タップして設定」パネルと「キーボードセレクタ」パネルをスキップ
  • tvOS 設定アシスタントの「TV プロバイダにサインイン」パネルをスキップ
  • デバイスの消去時に、必要に応じてデータ通信プランを維持
  • VPN の作成の制限、AirPrint のセキュリティ、DNS プロキシ、クラスルーム App で生徒用の監視対象デバイスに適用する管理対象クラスの動作など、iOS 用の新しいプロファイルペイロードおよび制限
  • AirPlay 受信のセキュリティに関する新しい tvOS ペイロード
  • tvOS 11 を搭載した tvOS デバイスのローカルネットワークサブネットでの構成に対応
公開日: