Pages、Numbers、Keynote で PDF を作成する

Mac、iPhone、iPad、iPod touch、iCloud.com で、書類の PDF を作成できます。作成したらほかの人と共有したり、普段使っているデバイスや iCloud Drive に保存することができます。

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

レイアウトベースの書類をほかの人と共有する場合は、書類の PDF を作成するのが賢い選択です。たとえば、パンフレットやチラシ、イラストを多用したマニュアルなどが該当します。また、ほかの人に書類の内容や書式、フォントを変えてほしくない場合も、PDF にしておいた方が賢明です。

デバイスの向きを変えたときに書類のコンテンツが画面に合わせて柔軟に表示されるようにしたい場合は、リフロー型の ePub ファイルとして書き出してみてください。書き出した PDF や ePub ファイルは編集できないため、後からさらに編集が必要になると思う場合は、書き出し元の書類を取っておいてください。

ほかの人と一緒にリアルタイムで 1 つの書類に取り組みたい場合は、ほかのメンバーを共同制作に招待しましょう。

Mac の場合

  • 書類を PDF 形式にしてほかの人と共有するには、その書類を開いて、「共有」>「コピーを送信」の順に選択します。PDF の送信方法を選択し、「PDF」をクリックします。PDF に適用しておきたい特別な設定があれば選択し、「次へ」をクリックします。
  • PDF を Mac または iCloud Drive に保存するには、「ファイル」>「書き出す」>「PDF」の順に選択します。PDF に適用しておきたい特別な設定があれば選択し、「次へ」をクリックします。書き出し先を選択し、「書き出す」をクリックします。

iPhone、iPad、iPod touch の場合

書類を開いて、 をタップしてから「書き出し」をタップします。「PDF」をタップし、以下のいずれかを行います。

  • PDF をほかの人と共有するには、AirDrop ユーザをタップするか、「メール」をタップしてメールで PDF を送ります。
  • PDF をデバイスまたは iCloud Drive に保存するには、「ファイルに保存」をタップして、PDF の保存先を選択してから、「追加」をタップします。PDF を iCloud Drive または iOS デバイスに保存すると、ファイル App を使ってアクセスできるようになります。

PDF をプレビューし、マークアップしてから共有または保存することもできます。たとえば、書類の PDF に署名してから、先方に送るといったケースが考えられます。

  1. 書類を開いて、 をタップします。
  2. 「書き出し」をタップし、「PDF」をタップします。
  3. 「PDF を作成」をタップします。PDF がデバイス上で開きます。
  • ペンのアイコン をタップして、PDF にマークアップします。
  • PDF を保存するには、「完了」をタップし、「ファイルを保存」をタップしてから、PDF の保存先を選択します。
  • PDF をほかの人と共有するには、共有アイコン をタップして、共有方法を選択します。

iCloud.com の場合

書類の PDF を作成してから、iCloud 用の Pages、Numbers、Keynote を使って共有または保存できます。

  • PDF をほかの人と共有するには、書類マネージャで「control」キーを押しながら書類をクリックし、「コピーを送信」を選択します。「PDF」をクリックし、「メールを送信」をクリックします。
  • 書類を PDF 形式でデバイスに保存するには、書類マネージャで「control」キーを押しながら書類をクリックします。「コピーをダウンロード」を選択してから「PDF」をクリックします。

 

特別な設定

パスワードを追加する

作成した PDF を表示する際にパスワードを必須にすることができます。Mac 用の Pages、Numbers、Keynote で PDF を作成する際に、「開くときにパスワードを要求」チェックボックスを選択し、パスワードを入力しておきます。この PDF を開こうとした人は、指定されているパスワードを入力する必要があります。書類にすでにパスワードが設定されていて、PDF には違うものを設定したい場合は、「パスワードを変更」をクリックして、新しいパスワードを入力します。

iOS および iCloud 用の Pages、Numbers、Keynote で PDF をパスワード保護するには、PDF を作成する前の書類をパスワードで保護しておく必要があります。

  • iPhone、iPad、iPod touch では、書類を開いた状態で をタップし、「パスワードを設定」をタップします。必要な情報を入力してから、「完了」をタップします。
  • iCloud.com では、書類を開いた状態で レンチのアイコン をクリックし、「パスワードを設定」を選択します。必要な情報を入力してから、「パスワードを設定」をクリックします。

画質を選択する

Mac 用の Pages、Numbers、Keynote で、PDF の画質を選択できます。「イメージの品質」ポップアップメニューで、各種設定の中から選択します。画質を高くするほど、書き出されるコピーのファイルサイズも大きくなります。

Numbers と Keynote の特別な設定

Numbers と Keynote では、PDF の作成時にほかのオプションも選択できます。

  • Mac および iOS 用の Numbers では、「ページレイアウト」オプションを選択し、PDF の各ページに表が収まるようにしておけます。
  • Mac 用の Keynote では、PDF では各スライドがそれぞれ独自のページになります。スライドショーを書き出すときに、追加のコンテンツも PDF に含めるかどうかを選択できます。
    • プレゼンテーションに発表者ノートが入っていて、PDF にも含めたい場合は、「発表者ノートを含める」を選択してください。 
    • プレゼンテーションのスライドの中にスキップしたものがあり、そのスライドも PDF に入れておきたい場合は、「スキップしたスライドを含める」を選択してください。
    • プレゼンテーションでオブジェクトアニメーションを使っていて、ビルドの各段階をそれぞれ独自のページに表示したい場合は、「ビルドの各段階をプリント」を選択してください。ビルドの段階は、プレゼンテーションに表示されているのと同じ順序で PDF にも表示されます。
公開日: