Logic Pro X でオーディオリージョンのピッチを変更する

オーディオリージョンのピッチを半音単位でトランスポーズし、セント単位でファインチューンできます。

録音済みのトラックのオーディオリージョンのピッチをトランスポーズまたはファインチューンして、プロジェクトの音源のピッチと合わせることができます。たとえば、プロジェクトのキーを変更した場合に、既存の一部のボーカルトラックで音程がずれてしまうことがあります。

  1. トラック領域でリージョンを選択します。
  2. コントロールバーの「インスペクタ」ボタンをクリックするか、キーボードの「I」キーを押します。
  3. インスペクタで、必要に応じて「リージョン」の横の開閉用三角ボタンをクリックして、リージョンのパラメータを表示します。または、「option + R」キーを押して、リージョンインスペクタを別のウインドウで開きます。 
  4. オーディオリージョンをトランスポーズまたはファインチューンします。
    • プリセット値を選択するには、「トランスポーズ」または「ファインチューン」ポップアップメニューをクリックして、プリセット値を選択します。 
    • カスタムの値を設定するには、「トランスポーズ」または「ファインチューン」フィールドの中をクリックしてドラッグします。

トラック領域のオーディオリージョンとオーディオ・トラック・エディタに、リージョンをどの程度トランスポーズしているかが半音単位で表示されます。リージョンのピッチを再生中に変更した場合、すぐに変化するので、聞いてわかります。

公開日: