携帯電話番号を Apple ID として使う

一部の国や地域では、新しい Apple ID を作成する際に、電話番号を Apple ID のユーザ名として使うことができます。

仕組み

iPhone、iPad、iPod touch を設定するときはいつでも、既存の Apple ID でサインインするか、新しいアカウントを作成するかを選択できます。iOS 11 以降で Apple ID を作成する際に、一部の国や地域では、携帯電話の番号をユーザ名として使える場合があります。中国本土にお住まいの場合は、(+86) の携帯電話番号を使えます。インドにお住まいの場合は、(+91) の番号をお使いください。キャリア (通信事業者) によっては、一部の Android デバイスで電話番号を使って新しいアカウントを作成できる場合があります。Apple ID のサインイン画面で「Apple ID を作成」を選択し、指示に従って新しいアカウントを作成してください。

アカウントが作成されたら、そのアカウントを使って、Apple のどのデバイスやどのサービスにもサインインできるようになります。新しいデバイス、App、サービスにサインインするときは必ず、携帯電話番号 (国コードも含める) とパスワードを入力してください。サインインするときは必ず同じ Apple ID を使うように徹底してください。そうしておけば、Apple のデバイスやサービスがすべてシームレスに連係してくれます。

すでに使っている Apple ID がメールアドレスの場合、その Apple ID を携帯電話番号に変更することはできません。ただし、Apple ID のアカウントページで、別の電話番号やメールアドレスにアカウントを紐付けることはできます。

必要な環境

携帯電話番号を Apple ID として使ってサインインするには、以下のものが必要です。

  • iOS 11 以降を搭載した iPhone、iPad、iPod touch
  • macOS High Sierra 以降を搭載した Mac
  • watchOS 4 以降を搭載した Apple Watch
  • tvOS 11 以降を搭載した Apple TV
  • Apple.comiCloud.com、その他の Apple の Web サービス*
  • 他社製デバイス上の Apple のサービス

* Apple ID の作成方法によっては、ユーザ名を電話番号からメールアドレスに変更するように案内される場合もあります。補足情報の提示が必要になることもあります。

アカウントのセキュリティ

アカウントを作成した場所や、アカウントに紐付けた個人情報の量によって、アカウントのセキュリティ要件は違ってきます。Apple 製のデバイスをお使いの場合は、2 ファクタ認証を使うのが最善の対策です。状況に応じて、Apple のデバイスや Web サイトにサインインする際に、セキュリティの見直しやアップグレードを案内される場合があります。

Apple からのメッセージ

電話番号を使った Apple ID の場合、メールアドレスが紐付けられていないため、Apple からのお知らせは iPhone、iPad、iPod touch のメッセージ App、または Apple ID のアカウントページでお届けします。

アカウントに関する重要なメッセージをお使いのすべての iOS デバイスで受信できるように、電話番号の Apple ID で iCloud、iMessage、FaceTime にサインインしておいてください。SIM カードを使わない iPhone やその他の iOS デバイスでは、iCloud にサインインしても FaceTime と iMessage は使えません。Apple ID のアカウントページでは、いつでも Apple からのメッセージを見ることができます。

Apple ID を別の携帯電話番号に変更する

お住まいの国や地域、および Apple ID を作成した方法によっては、Apple ID のアカウントページ、または iPhone、iPad、iPod touch で、Apple ID を別の携帯電話番号に変更することができます。

中国本土では、別の (+86) の携帯電話番号を新しい Apple ID にしてください。インドでは、新しい Apple ID は別の (+91) の携帯電話番号にする必要があります。

Apple ID アカウントページから

  1. Apple ID を使用しているすべての Apple のサービスとデバイスからサインアウトします。
  2. appleid.apple.com にアクセスしてサインインします。
  3. 「アカウント」セクションの右端にある「編集」をクリックします。 
  4. 「Apple ID」の下の「Apple ID の変更」をクリックします。
  5. Apple ID として使いたい携帯電話番号を入力した後、確認コードがその番号に送信されます。テキストで届いた確認コードを所定のフィールドに入力してください。
  6. 新しい Apple ID で Apple のすべてのサービスにサインインし直します。
     

iPhone、iPad、iPod touch の場合

  1. Apple ID の変更に使うデバイスを除いて、Apple ID を使用しているすべての Apple のサービスとデバイスからサインアウトします。
  2. 「設定」>「[ユーザ名]」>「名前、電話番号、メール」の順に選択します。
  3. 「連絡先」の横で「編集」>「削除」の順にタップします。
  4. 「続ける」をタップし、表示される手順にそって進めます。
  5. Apple ID として使いたい携帯電話番号を入力した後、確認コードがその番号に送信されます。テキストで届いた確認コードを所定のフィールドに入力してください。
  6. 新しい Apple ID で Apple のすべてのサービスにサインインし直します。
     

新しい携帯電話番号が iMessage の電話番号、共有の電話番号、または信頼済みの電話番号としてすでに Apple ID に紐付けられている場合は、番号の確認作業は不要です。

コードが届かない場合、iPhone で iOS 11.3 以降を使っていれば、確認コードを入力しなくても済むことがあります。場合によっては、信頼済みの電話番号を iPhone がバックグラウンドで自動的に確認してくれます。手間が 1 つ減りますが、アカウントが 2 ファクタ認証で保護されている事実に変わりはありません。

別の国や地域に移転した場合

ユーザ名を新しい携帯電話番号に変更できます。SMS で確認できる携帯電話番号を使ってください。その後、iTunes や App Storeデバイスの「設定」画面やシステム環境設定、または Apple ID のアカウントページで請求先情報を変更し、所定の手順にそって Apple ID を変更してください。

公開日: