Apple Watch を使った運動量計測の精度を上げる

Apple Watch は、指定された個人情報に基づいて、毎日の運動量について、さまざまな測定値を算出します。以下のヒントを参考にして、計測の精度を高めることができます。

個人情報に常に最新の情報を反映しておく

Apple Watch は、身長、体重、性別、年齢などの個人情報を参考にして消費カロリーなどを測定しています。 

個人情報を変更するには、iPhone で Apple Watch App を開きます。「マイウォッチ」タブで「ヘルスケア」をタップします。「編集」をタップし、変更したい項目をタップします。
iPhone のヘルスケア情報画面

 

ムーブやエクササイズのクレジットを獲得する

早歩き程度、またはそれ以上の体の動きを 1 分続ければ、エクササイズとムーブとしてカウントされ、それぞれのゴールに近づきます。車椅子をご利用の場合は、活発に自走して動くと測定されます。このレベル以下の活動では、毎日のムーブゴールとしてのみカウントされます。

ウォーキングの際は、エクササイズとして加算されるように、Apple Watch を装着した腕を自然に振ってください。たとえば、ペットを散歩させるときは、ひもを引く手とは逆側の腕に Apple Watch を装着し、自然に前後に振るようにします。

ベビーカーを押しているなど、歩いている時に両手がふさがっている場合も、ワークアウト App を使えばエクササイズとして運動量を加算できます。Apple Watch で App を開いて、「ウォーキング」をタップします。アクティビティ App は腕の動きと加速度センサーを頼りに運動量を記録しますが、一方のワークアウト App は、加速度センサー、心拍センサー、GPS を使います。

 

「手首検出」を必ずオンにしておく

「手首検出」がオフになっていると、スタンドの通知が届かず、Apple Watch でスタンドの進捗具合を追跡できません。バックグラウンドの心拍数 (安静時や歩行時の心拍数など*) は、「手首検出」がオフになっていると計測されません。

設定内容を確認するには、iPhone で Apple Watch App を開きます。「マイウォッチ」タブをタップして、「パスコード」をタップします。「手首検出」がオンになっているか確認してください。

iPhone のパスコード設定画面

 

フィット感を確かめる

正しいフィット感で (きつすぎたり緩すぎたりすることなく、しかも皮膚が呼吸できる空間が保たれるように) Apple Watch を装着することで、快適性が保たれるだけでなく各センサーも正しく機能します。 

運動中は Apple Watch のバンドをきつめに巻き、終わったら少し緩めるようにするとよいでしょう。また、各センサーは Apple Watch が手首の上側に来るように装着した場合にだけ機能するという点にご留意ください。

Apple Watch の装着方法について詳しくは、こちらの記事を参照してください。

 

心拍数の計測精度を上げる

ワークアウト App を使う際、心拍数の計測精度を上げるには、Apple Watch が手首にぴったりとフィットするように装着してください。心拍センサーが肌に触れるようにします。心拍センサーの精度と制限について詳しくは、こちらを参照してください。

ウォーキングやランニングのワークアウト中に「省電力モード」をオンにした場合、心拍センサーは無効になります。「省電力モード」をオフにするには、iPhone で Apple Watch App を開いて、「ワークアウト」>「省電力モード」の順にタップします。

「プライバシー」設定で「心拍数」をオフにした場合、心拍数の計測値も記録されません。「心拍数」をオンにするには、iPhone で Apple Watch App を開いて、「プライバシー」>「心拍数」の順にタップします。

 

 

いちばん適したワークアウトを選択する

ワークアウト App を使う時は、実際に行う運動内容といちばん合うオプションを選択してください。たとえば、ルームランナー (トレッドミル) でランニングをする場合は、「室内ランニング」を選択します。リストにないワークアウト (筋力トレーニングなど) を行う場合は、「その他」を選択します。

ワークアウトの種類について詳しくは、こちらの記事を参照してください。
「室内ランニング」ワークアウト

Apple Watch を調整する

Apple Watch を調整することで、歩行/走行距離やペース、カロリーの測定精度を上げることができます。調整しておけば、普段の運動のレベルや歩幅の学習にもつながります。

Apple Watch の調整方法については、こちらの記事を参照してください。

 

心拍数の計測に影響するその他の要因

Apple Watch の心拍センサーに影響を及ぼす要因はいろいろあります。その一つが皮膚灌流 (皮膚を流れる血液の量) です。皮膚灌流は人によって大きく異なり、環境によっても変化します。たとえば、寒い場所で運動している時などは、手首の皮膚灌流が低くなりすぎて心拍センサーが測定できないことがあります。

タトゥー (刺青) などによる永続的ないし一時的な皮膚の変化も心拍センサーに影響を及ぼすことがあります。タトゥー (刺青) のインク、図柄、濃さによってはセンサーからの光が遮られ、正確な測定が難しくなることがあります。

動きも心拍センサーに影響を及ぼす要因のひとつです。ランニングやサイクリングのようなリズミカルな動きをしている時のほうが、テニスやボクシングのような不規則な動きをしている時よりも測定しやすくなります。

上記のような理由で安定した測定結果が得られない場合は、Bluetooth チェストストラップなどの外部心拍モニターに Apple Watch をワイヤレスで接続することもできます。Bluetooth アクセサリのペアリング方法については、こちらの記事を参照してください。

心拍数は、Apple Watch があなたの活動や運動を測定するために利用する多くの要素の一つにすぎません。Apple Watch はワークアウトの種類に応じて最適な測定方法を自動的に選択します。たとえば、室内で走っている時は加速度センサーも使います。ワークアウト App の使用時は GPS と心拍センサーを使います。詳しくは、こちらの記事を参照してください。

* 安静時心拍数と歩行時心拍数は、Apple Watch Series 1 以降でのみ計測できます。

公開日: