別の Apple ID を使ってファミリー共有で購入済みのコンテンツを共有する

ファミリー共有の設定時に確認を済ませたものとは別の Apple ID を使いたくなっても、問題ありません。以下の手順で変更してください。

購入したコンテンツを共有する場合、iTunes、Apple Books、App Store で購入したものを家族と共有するために使う Apple ID の確認作業が必要です。この確認を済ませたアカウントに関連付けられているすべてのコンテンツに、家族全員がアクセスできるようになります。当初グループに参加した際に選択したものとは違う Apple ID を使いたくなった場合は、iPhone、iPad、iPod touch、Mac でファミリー共有の設定を簡単に変えることができます。
 

iPhone、iPad、iPod touch でファミリー共有の設定を変更する

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」の順にタップし、「ファミリー共有」をタップします。iOS 10.2 以前では、「設定」>「iCloud」>「家族」の順にタップします。
  2. 「ファミリーメンバー」リストで自分の名前をタップします。
  3. Apple ID をタップします。
  4. 使いたい Apple ID とパスワードを入力します。
  5. 「アカウントの確認」をタップします。

Mac でファミリー共有の設定を変更する

  1. Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択します。
  2. 「ファミリー共有」をクリックし、「ファミリー」のメンバーリストの下で自分の名前の横にある「詳細」をクリックします。
  3. 「購入と Music のアカウント」の横にある「変更」をクリックします。
  4. 使いたい Apple ID とパスワードを入力します。
  5. 「次へ」をクリックし、画面に表示される案内にそって進みます。

 

Apple ID を変更すると、以前のアカウントではなく、新しいアカウントで購入したコンテンツの共有が始まります。以前のアカウントで購入したコンテンツにほかの家族がアクセスしたりダウンロードしたりすることはできなくなります。ほかの家族がそのアカウントからすでにダウンロード済みの、DRM で保護された音楽、映画、テレビ番組、ブック、App、App 内課金コンテンツも使えなくなります。Apple Music のファミリープランを以前のアカウントで申し込んでいる場合、この定期購読サービスをほかの家族が利用できなくなります。

ファミリー共有グループでの共有に使う Apple ID は、90 日ごとに 1 回変更できます。

公開日: