Logic Pro X で Drummer ループを使う

Apple Loops の Drummer ループを使って、プロジェクトにすばやくドラムを追加する方法を説明します。Drummer ループは Apple Loops の一種で、プロジェクトに合わせてカスタマイズできます。

Logic Pro X 10.3.2 には、Drummer 付きのさまざまな Apple Loops が用意されています。ループブラウザから Drummer ループを選択してドラッグするだけで、プロジェクトにすばやくビートを追加できます。ドラマーに合わせて、さまざまな Drummer ループを選ぶことができます。
 

      

Drummer ループを探す

ループブラウザを開くには、Logic Pro X ウインドウの右上隅にある をクリックするか、キーボードの「O」キーを押します。

ループブラウザに、黄色の アイコン付きの Drummer ループが表示されます。Drummer ループだけをループブラウザに表示したい場合は、「ループパック」ポップアップメニューから「Drummer」を選択します。ループをプレビューする (試しに聴いてみる) には、ループブラウザでそのループをクリックします。

Drummer ループをプロジェクトに追加する

気に入った Drummer ループが見つかったら、そのループをトラック領域の空白の場所にドラッグします。Drummer ループのリージョンを含む Drummer トラックが自動的に新規作成されます。Drummer エディタの設定もすべて、Drummer ループのサウンドを再現するように自動設定されます。

これで、ほかの Drummer トラックと同様、Drummer エディタを使って演奏を編集できます。トラック内に独自のリージョンを作成したり、自由に編集したりすることもできます。

さらに別の Drummer ループを追加する

Drummer ループはそれぞれ特定のドラマーが演奏します。さまざまなドラマーが生成した Drummer ループを同じプロジェクトに追加できますが、いくつか制限があります。まず、既存の Drummer トラックに Drummer ループを追加できるのは、タイプが同じ (アコースティック、エレクトロニック、パーカッション) 場合だけです。Drummer ループを別のドラマーが演奏するトラックにドラッグすると、そのループに割り当てられたドラマーによる新しい Drummer トラックが自動的に作成されます。次に、複数のドラマーから Drummer ループを1つのトラックに追加すると、プレビューとは違ったサウンドになる場合があります。ドラムキットが変化し、新しいドラマーは設定内容を独自のやり方で解釈します。

公開日: