図形の使い方

図形ライブラリにはたくさんの図形があり、その中から選んで Pages、Numbers、Keynote の書類に追加できます。また、iWork でカスタムの図形を作成することもできます。

iWork の図形ライブラリから簡単に図形を書類に挿入できます。

  • Mac では、図形のアイコン をクリックしてから図形を選択します。
  • iPhone、iPad、iPod touch では、新規追加 をタップし、「図形」アイコン をタップし、図形をタップします。
  • iCloud.com では、図形のアイコン をクリックしてから図形を選択します。

図形を追加し、配置を決めたら、分割したり、ほかの図形と組み合わせたりして、カスタムの図形を作成できます。図形の編集が終わったら、後で使えるように、図形ライブラリに追加しておきましょう。*

一部の機能は、現時点では、Mac 用の Pages、Numbers、Keynote でしか利用できません。

図形を分割する

一部の図形は複数のパーツから成り立っています。図形を分解したら、色を変えたり、形を編集したり、図形のそれぞれのパーツを削除したりすることができます。 

  • iPhone、iPad、iPod touch では、分割したい図形を選択してから ペイントブラシのアイコン をタップします。「配置」をタップしてから「分割」をタップします。
  • Mac で、「control」キーを押しながら図形をクリックし、「分割」を選択します。

図形ライブラリの図形には、複数の図形で成り立っているものがあり、その一部だけを使いたい場合があります。たとえば、カリフォルニアの図形を使いたい場合は、アメリカ合衆国全体の地図を挿入して、拡大します。図形を分割してから、カリフォルニアの図形だけを使うことができます。その図形を次回以降も、親の図形から分割する手間を省いて使えるようにしたい場合は、図形ライブラリに追加しておきます。

図形を分割した後で、各パーツをそれぞれ違う色にすることができます。たとえば、地図上の各州を色分けしたり、図形の残りのパーツよりも際立たせたいパーツの色だけを変えたりすることが可能です。

 


        

新しい図形を作成する

図形を組み合わせたり型抜きしたりして、新しい図形を作成できます。既存の図形から新しい図形を作成する方法は、「結合」「交差」「減算」「除外」の 4 通りあります。

  • iPhone、iPad、iPod touch では、使いたい図形を選択してから ペイントブラシのアイコン をタップします。「配置」をタップし、図形を組み合わせる方法を選択します。
  • Mac では、使いたい図形をすべて選択してから ペイントブラシのアイコン >「配置」の順に選択し、図形を組み合わせる方法を選択します。

2 つの図形を結合したところ

結合
複数の図形を結合すると、1 つの図形になります。

交差した部分の図形

交差
複数の図形を交差させると、重なり合った部分だけを取り出した図形が作成されます。

2 つの図形を減算したところ

減算
図形を別の図形から減算した場合、図形から、その上に重なっている別の図形が型抜きされます。
 

2 つの図形を除外したところ

除外
2 つの図形を除外した場合、それらの図形から、重なり合った部分が除去されます。
 

図形にスタイルを追加する

図形を書類に追加したら、図形について以下のスタイルを変更できます*。

  • 塗りつぶし:図形を画像や単色、グラデーション (複数の色を徐々に混ぜ合わせていく段階的変化) で塗りつぶすことができます。
  • 枠線:写真の飾り枠や点線などの枠線を追加し、その線の太さや色、その他の属性を変更できます。
  • シャドウ:図形に最大 6 つの異なるプリセットシャドウを適用し、そのシャドウのぼかし具合、オフセット、不透明度を調整できます。
  • 反射:図形に反射した像を加え、その見え方を調整できます。
  • 不透明度:オブジェクトを不透明にして、面白い効果を生み出せます。

図形のスタイルを変更する場合は、以下の手順を実行してください。

  • Mac では、図形を選択してから ペイントブラシのアイコン >「スタイル」の順に選択します。詳細表示の三角形ボタンをクリックすると、各スタイルの表示が展開し、詳細オプションが表示されます。
  • iPhone、iPad、iPod touch では、ペイントブラシのアイコン >「スタイル」の順にタップします。各スタイルをそれぞれオンにすると、詳細オプションが表示されます。
  • iCloud.com では、ペイントブラシのアイコン >「スタイル」の順にクリックします。各スタイルを選択すると、詳細オプションが表示されます。

Mac では、スタイルを保存しておき、図形ライブラリの図形に、スタイルサムネールに入っているスタイルを適用してプレビューできます。

スタイルを保存するには、ペイントブラシのアイコン >「スタイル」の順に選択し、スタイルサムネールの右側にある矢印をクリックして、スタイルの最後のグループを表示します。新しいスタイルの追加アイコン をクリックします。スタイルを保存した後で、いつでも定義し直せます。スタイル変更が適用された図形を選択し、そのスタイルテンプレートを「control」キーを押しながらクリックし、「選択部分からスタイルを再定義」を選択します。

スタイルをプレビューするには、ペイントブラシのアイコン >「スタイル」の順に選択します。移動したいスタイルをクリックして長押しし、明るく光ったらスタイルの最初のページの上段一番左までドラッグします。図形ライブラリを開いたときに、そのスタイルが図形のプレビューに適用されるようになります。

* 一部の機能は、現時点では、Mac 用の Pages、Numbers、Keynote でしか利用できません。

図形を図形ライブラリに追加する

カスタマイズした図形を図形ライブラリに追加しておけます。カスタムの図形を保存すると、その図形の位置、反転、回転のプロパティが保存されますが、サイズ、色、不透明度など、ほかのプロパティは保存されません。

Mac で、「control」キーを押しながら図形をクリックし、「マイシェイプに保存」を選択します。

図形をライブラリに追加したら、Mac の Pages、Numbers、Keynote で使えるようになります。 

公開日: