Pages、Numbers、Keynote で自動修正機能を設定し、スペルチェック辞書に単語を追加する

iPhone、iPad、Mac でスペルを自動的にチェックする、テキストの自動置換を設定する、スペル辞書に単語を追加するなどの方法をご案内します。

デバイスで自動修正を有効にするには、以下の手順を実行してください。

  • Mac では、Pages、Numbers、または Keynote を開いて、ツールバーからその App の名前をクリックし、「環境設定」を選択します。「自動修正」を選択します。
  • iPhone または iPad では、Pages、Numbers、または Keynote を開いて、「詳細」ボタン >「自動修正」の順にタップします。

自動修正の設定画面に用意されているオプションを適宜選択または選択解除して、Pages、Numbers、Keynote でスペルやフォーマットをどう処理するかをカスタマイズできます。以下のようなオプションがあります。

  • リストを自動的に検出する
  • リンクを自動的に検出する
  • リンクのスタイルを自動的に適用する
  • 序数を上付き文字に変更する
  • 分数をフォーマットする
  • スマート引用符を使用する (一重引用符と二重引用符をカーリー引用符、または選択した引用符スタイルに置き換える)

iCloud キーチェーンをお使いの場合は、各 App での設定内容が、同じ iCloud アカウントにサインインしているすべての Apple 製品で共有されます。

オプションによっては、iWork 内のほかのメニューからも選択できる場合があります。別のメニューで設定を変更した場合、自動修正の設定も変更されます。iWork の一部の設定は、iOS や macOS のほかの設定に似ています。多くの場合、Pages、Numbers、Keynote で選択した設定の方が iOS や macOS の設定よりも優先されます。iPhone、iPad、iPod touch でテキスト置換を設定する方法についてはこちらの記事を、Mac についてはこちらの記事を参照してください。

iWork のテキスト置換機能を設定する

テキストの置換機能を使えば、ショートカットを長い語句に置き換えることができます。テキストフィールドにショートカットを入力すると、所定の語句に自動的に置き換えられます。 

Pages、Numbers、Keynote の自動修正の設定画面で、iWork 内で独自に使うテキストの置換機能について設定できます。 

  • Mac では、自動修正の設定画面を開きます。「置き換え」の下で、「記号とテキストを置換」が選択されていることを確認し、自動置換の追加 をクリックします。
    • 「置換前」の下に、置換の引き金になる置換前のテキストを入力します (「(c)」など)。「置換後」の下に、変更後の語句を入力します (「©」など)。
  • iPhone、iPad、iPod touch では、「詳細」ボタン 「詳細」ボタン をタップし、「自動修正」を選択します。「テキストの置換」がオンになっていることを確認してから、「置き換えリスト」をタップします。追加ボタン プラス記号のボタン をタップします。
    • 「ショートカット」に、置換の引き金になる置換前のテキストを入力します (「(c)」など)。「語句」に、変更後の語句を入力します (「©」など)。

この例の場合、Pages、Numbers、Keynote で「(c)」と入力するたびに、自動的に「©」に置換されます。

Pages、Numbers、Keynote でテキストが置換された後で、入力した通りの形に戻したくなったら、キーボードの「command + Z」キーを押すか、「取り消す」ボタン 「取り消す」ボタン をタップします。

自動修正は、Mac でスペルチェックの対象として設定されている言語に適用されます。対象となる言語を確認するには、「システム環境設定」>「キーボード」>「ユーザ辞書」の順に選択し、「スペルチェック」のポップアップメニューをクリックします。「設定」をクリックし、ほかの言語についてスペルチェックの辞書を追加する方法を確認してください。iPhone、iPad、iPod touch では、自動修正を利用できない言語もあります。

スペルチェック辞書に単語を追加する

Pages、Numbers、Keynote で認識できない単語が見つかると、その単語の下に赤い点線が引かれます。iWork やその他の App で使うデバイスの辞書に単語を追加しておくと、その単語が認識されるようになり、スペルチェックの対象になります。

  • iPad や iPhone では、下線が引かれた単語をタップして、「スペルを追加」をタップします (場合によっては、先に「置き換える」をタップする必要があります)。 
  • Mac では、「control」キーを押しながら単語をクリックし、「スペルを追加」を選択します。 

Mac では、Pages、Numbers、Keynote でその単語をミススペルとしてマークしないようにする場合は、「スペルを無視」を選択できます。iWork App の「無視する単語」リストに単語を追加、編集、削除するには、「Pages」>「環境設定」の順に選択し、「自動修正」を選択して、「無視する単語」をクリックします。追加ボタン 追加ボタン または削除ボタン 削除ボタン をクリックして、単語を追加または削除します。または、単語をクリックして、そのスペルを編集します。

公開日: