Pages、Numbers、Keynote で書類に方程式を追加する

LaTeX コマンドや MathML 要素を使えば、Pages、Numbers、Keynote の書類に方程式を追加できます。 

Pages、Numbers、Keynote の書類に方程式を追加する

  1. 書類の中、またはテキストボックスや図形の中で、方程式を追加したい場所をタップまたはクリックし、お使いのデバイスに応じた手順を行ってください。
    • iPhone、iPad または iPod touch では、挿入ボタン をタップし、メディアボタン をタップしてから、方程式ボタン をタップします。
    • Mac では、メニューバーから「挿入」>「方程式」の順に選択します。
  2. LaTeX コマンドや MathML 要素を使って方程式を入力します。1 iPhone および iPad では、キーボードの上に並んだショートカット記号を使うこともできます。入力が終わったら、方程式のプレビューが表示されます。2
  3. 「挿入」をクリックまたはタップします。3


MathType を使う

MathType 6.7d 以降がインストールされている場合は、Mac の Pages、Numbers、および Keynote で MathType を使うこともできます。方程式をはじめて挿入するときに、「MathType を使用」を選択するか、環境設定で有効にしてください。

  1. Pages、Numbers、または Keynote を開きます。
  2. [アプリケーション名] >「環境設定」の順に選択します。
  3. 「MathType を使って方程式を挿入/編集」チェックボックスを選択します。


関連情報

Pages、Numbers、Keynote で使える LaTeX コマンドと MathML 要素については、こちらの記事を参照してください。

1. 方程式を簡単に作成できるように、方程式エディタはデフォルトで数式モードになっているので、方程式に数式モードのコマンドを追加する必要はありません。

2. プレビューが空の場合や、エラーが表示される場合は、方程式が正しいか確認してください。

3. テキスト 1 行に方程式だけが収まっている場合、等号を基準に方程式が中央揃えになります。方程式の中心を基準にして中央揃えにする場合は、方程式の前または後にスペースを入れてください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: