macOS Sierra 10.12.4 アップデートについて

macOS Sierra をお使いのすべての方にこのアップデートをお勧めします。

macOS Sierra 10.12.4 アップデートでは、Mac の安定性、互換性、セキュリティが改善されます。すべての方にこのアップデートをお勧めします。

このアップデートの内容は以下の通りです。

  • Night Shift に対応しました。Night Shift は、日暮れ後にディスプレイの色味を暖色系の色域に自動的に切り替えてくれます。
  • Siri で、インディアン・プレミア・リーグおよび国際クリケット評議会のクリケットの試合のスコア、日程、選手名簿を表示できるようになりました。
  • 上海語の音声入力に対応しました。
  • Safari の Touch Bar、ツールバー、タブを表示して選択する画面で、右から左に書く言語の対応が強化されました。
  • プレビュー App での PDF のレンダリングおよび注釈に関するいくつかの問題を解決しました。
  • メールのスレッド表示において件名行が見えやすくなりました。
  • メールのメッセージで内容が表示されない問題が解決されました。
  • デジタルカメラの RAW 形式のサポートが拡充されました。

法人のお客様向けの修正点:

  • tethered-caching コマンドが追加されました。USB で接続されている iOS デバイスへの特定のコンテンツのダウンロードを最適化するコマンドです。詳しくは、ターミナルで「man tethered-caching」と入力してください。
  • security コマンドが更新され、delete-identity オプションが追加されました。このオプションは、証明書とその秘密鍵を両方ともキーチェーンから削除します。詳しくは、ターミナルで「man security」と入力してください。
  • profiles コマンドが更新され、-N フラグが追加されました。このフラグは、デバイス登録の通知を表示し、ユーザにモバイルデバイス管理 (MDM) の登録を済ませるように知らせてくれます。詳しくは、ターミナルで「man profiles」と入力してください。
  • 特定のドッキングステーションに接続されているノートブックコンピュータで、内蔵のディスプレイに macOS ログインウインドウではなく空の画面が表示される問題が解決されました。
  • FileVault が有効になっていると、新たに変更したユーザアカウントのパスワードが macOS ログインウインドウで拒否されるという問題が解決されました。
  • 構成プロファイルで配布された所定の証明書を自動更新する機能が追加されました。
  • Xsan に対し、さまざまな修正がなされています。

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、こちらの記事を参照してください。

この macOS アップデートの入手方法については、こちらの記事を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: