Final Cut Pro X、Motion、Compressor でディスクでの共有に問題がある場合

Final Cut Pro X 10.3.x、Motion 5.3.x、または Compressor 4.3.x で、DVD ディスクや Blu-ray ディスクでの共有がうまくいかない場合は、以下の手順でディスクを正常に作成できるかお試しください。

DVD ディスクや Blu-ray ディスクでの共有時に通知が表示される場合

外付けの光学式ドライブを使って DVD ディスクや Blu-ray ディスクを作成する場合に、通知が表示され、ディスクが正しく作成されないことがあります。その場合は、以下の手順をお試しください。

  • Mac をシステム終了し、光学式ドライブを Mac に接続している USB ケーブルをすべて取り外します。ケーブルを接続し直して、Mac の電源を入れ、ディスクの作成をもう一度試してください。
  • 光学式ドライブに専用の電源ユニットが付属している場合は、必ず電源ユニットを電源につないでください。
  • 2 本の USB ケーブルで Mac に接続するタイプのドライブをお使いの場合は、ケーブルが両方とも接続されているか確認してください。ドライブから再生するだけなら、ケーブルを 1 本しかつながなくても十分な電力量を得られる場合がありますが、DVD ディスクや Blu-ray ディスクを作成する場合は電力消費量が増えるので、必ず両方のケーブルを接続してください。

ハードドライブのディスク容量が不足している場合

Mac のハードディスクにビデオファイルを収容できるだけの十分な空き容量がなければ、ディスクが正常に作成されません。ディスクの作成中に以下のいずれかの症状が現れた場合は、Mac のハードディスクに空き容量が十分にあるか確認してください。

  • 「ディスクの作成中にエラーが起きました。起動ボリュームに十分な空き容量があるか確認してください」または「終了中:DVD を作成できませんでした。起動ボリュームに十分な空き容量があるか確認してください」という通知が表示される。
  • ディスクの作成処理が 57 % から 64 % 終わったところで低速化し、ディスクの作成に数時間かかることが示唆される。

Mac のハードドライブに十分に空き容量がある場合は、別の種類のディスクを使ってみてください。BD-R ディスクまたは未使用の BD-RE ディスクを使うと確実です。データが入っている BD-RE ディスクを使う必要があるときは、Finder を使ってディスクを消去してください。

  1. Finder で、マウントされている BD-RE ディスクを「control」キーを押しながらクリックし、「書き換え可能ディスク "BD-RE ディスクの現状の名前" を消去」を選択します。
  2. 確認画面で「消去」をクリックします。ディスク上のデータがすべて削除されます。 
  3. ディスクを消去したら、Final Cut Pro X、Motion、Compressor でそのディスクにデータを記録してみてください。

Final Cut Pro X で DVD や Blu-ray の作成が 66 % 終わったところで停止する場合

Final Cut Pro X の「バックグラウンドタスク」ウインドウで、共有処理の進捗率が 66 % まで進んだところで止まってしまう場合、通知が表示されるときと表示されないときがあります。表示される通知の内容に応じて、または通知が表示されない場合も、このセクションの該当する手順にそってディスクを作成できるか試してください。

「操作は完了できませんでした (DSPPublishing エラー -29)」と表示される場合

DVD メニューの背景に画像を使っている場合は、そのイメージファイルを元の場所から移動したときにこの通知が表示されることがあります。ファイルを当初プロジェクトに追加したときの場所に戻してから、DVD での共有をもう一度試してください。 

ファイルが当初どこにあったか覚えていない場合は、メニューの背景画像として追加し直してください。

  1. メニューの背景画像として使うファイルを探します。
  2. Final Cut Pro X で、「ファイル」>「共有」>「DVD」の順に選択します。
  3. 「設定」をクリックします。
  4. 「背景」の横にある削除ボタン (X) をクリックして、現在のメニューの背景画像を削除します。
  5. 「背景」の横にある追加ボタンをクリックします。
  6. ファイルを選択して「開く」をクリックします。

メニューの背景画像として使うファイルが RAW 形式の場合は、JPEG や TIFF などのファイル形式に変換してからプロジェクトに追加してください。

「保存先デバイスの RW ディスクにはデータが記録されています」と表示される場合

データがすでに記録されている DVD-RW ディスクや BD-RE ディスクでプロジェクトを共有しようとすると、この通知が表示される場合があります。このウインドウで「OK」をクリックした後、共有処理が 66 % 進んだところで停止する場合は、DVD ディスクや Blu-ray ディスクが意図せず Finder でマウントされている可能性があります。そうすると、ディスクに新しいプロジェクトを書き込む前に、Mac でディスク上の既存のデータを消去することができません。ディスクが使用中だという通知が表示される場合もあります。

ディスクに正常に書き込めるようにするには、以下のいずれかの対策をした後で、もう一度共有を試してください。

  • 既存のデータがある DVD-RW ディスクや BD-RE ディスクに書き込むときは、すぐに「OK」をクリックしてディスクを消去します。そうすれば、ディスクが Finder でマウントされません。
  • Mac を再起動します。
  • ディスク作成を強制終了します。

通知が表示されない場合はディスクイメージを作成する

共有処理が 66 % 進んだところで停止し、通知が何も表示されない場合は、ディスクイメージを作成し、そのディスクイメージを使ってディスクに書き込んでみてください。

  1. Mac を再起動します。
  2. DVD または Blu-ray ディスクイメージを作成します。具体的な手順については、Final Cut Pro X の場合はこちらの記事、Motion の場合はこちらの記事、Compressor の場合はこちらの記事を参照してください。
  3. ハードドライブ上のディスク・イメージ・ファイル (IMG) を探します。
  4. 「control」キーを押しながらディスク・イメージ・ファイルをクリックします。
  5. メニューで「[ディスク名] のディスクを作成」をクリックし、画面上の指示にそって進みます。

ディスクイメージは、ディスクに表示される通りにプロジェクトをアーカイブしておく場合や、プロジェクトのディスクのコピーを複数作成する場合にも役に立ちます。

ディスクが再生時に音飛びする場合、同期に問題がある場合、字幕が正常に表示されない場合

書き換え可能なディスクを使う場合、ディスクによっては、何度も書き換えられていると、一部の DVD プレーヤーや Blu-ray プレーヤーで再生時に問題が起きることがあります。新しい DVD-RW ディスクまたは BD-RE ディスクに書き込んでみてください。

公開日: