iPhone、iPad、iPod touch で HDR を使う

逆光で影になる被写体を写真に収めたい場合、従来のカメラなら、空が明るくなり過ぎてしまうか、被写体が暗く写ってしまうかの二択になります。HDR を使って、両方のよいところだけを活かしましょう。

HDR とは?

HDR は High Dynamic Range (ハイダイナミックレンジ) の略語です。HDR を使うと、iPhone、iPad、iPod touch のカメラは、露出の異なる写真を 3 枚連写して、それぞれのよいところを自動的に合成してくれます。通常の露出で 1 枚、風景の一番明るいところと暗いところに合わせたものを 1 枚ずつ、計 3 枚を合成します。これで、色や細部がきれいな写真が 1 枚仕上がります。

露出不足

空に露出を合わせると、被写体が露光不足になり、暗く写ります。

露出過度

被写体に露出を合わせると、空が露出過度になり、明るくなり過ぎます。

HDR を使用

HDR を使えば、光の加減もきれいで、細部も忠実な写真が撮れます。

 

     

HDR 写真を撮る

  1. iPhone、iPad、iPod touch でカメラ App を開きます。
  2. 「HDR」をタップして、「自動」または「オン」に設定されているか確認します。
  3. 写真の構図を決めます。
  4. をタップします。

HDR 写真を撮ると、写真 App に同じ画像がバージョンを変えて 2 枚保存されます。1 枚が HDR で撮影したもの、もう 1 枚は HDR を使わずに撮影したものです。2 枚の写真を見比べて、気に入った方を使うことができます。容量を節約するには、この機能をオフにして、ライブラリに HDR バージョンだけを保管できます。「設定」>「カメラ」>「通常の写真を残す」をスワイプしてオフに切り替えてください。

HDR を「オン」に設定した場合、デバイスで写真を撮るたびに HDR 画像が撮影されます。HDR を「自動」にした場合は、HDR を使った方が写真がきれいに撮れるかどうかが自動的に判定されます。

関連情報

公開日: