お店で Apple Pay を使う時の限度額について

一部の国や地域では、お店での購入額が一定額を超えると、Apple Pay で支払う時に PIN (暗証番号) の入力が必要になる場合があります。また場合によっては、レシートに署名をしたり、別の方法で支払わなければならないこともあります。

加盟店やカード発行元は一部の決済に限度額を設けています。店舗における非接触型決済 (Apple Pay を含む) の限度額は以下の通りです。

アジア太平洋地域

  


オーストラリア
購入額が 100 オーストラリア・ドル (AUD) を超えると PIN の入力が必要になる場合があります。

 


中国
購入時に PIN の入力が必要になる場合があります。

 


香港
購入額が 500 香港ドル (HKD) を超えると Apple Pay を使えない場合があります。

 


日本
一部のお店では、Apple Pay を使えなかったり PIN (暗証番号) の入力が必要になる場合があります。それ以外のお店でも、購入額が 2 万円を超えると Apple Pay を使えない場合があります。

 


ニュージーランド
購入額が 80 ニュージーランド・ドル (NZD) を超えると PIN の入力が必要になる場合があります。

 


シンガポール
レシートへの署名や PIN の入力が必要になる場合があります。一部のお店では、購入額が 100 シンガポール・ドル (SGD) を超えると Apple Pay を使えない場合があります。

 


台湾
購入額が 1000 ニュー台湾ドル (NTD) を超えると署名が必要になる場合があります。

ヨーロッパ

   


デンマーク
購入額が 200 デンマーク・クローネ (DKK) を超えると PIN の入力が必要になる場合があります。

 


フィンランド
購入額が 25 ユーロ (EUR) を超えると Apple Pay を使えない場合があります。

 


フランス
購入額が 20 ユーロ (EUR) を超えると Apple Pay を使えない場合があります。

 


アイルランド
購入額が 30 ユーロ (EUR) を超えると Apple Pay を使えない場合があります。

 


イタリア
購入額が 25 ユーロ (EUR) を超えるとレシートへの署名や PIN の入力が必要になる場合があります。

 


ノルウェー
購入額が 200 ノルウェー・クローネ (NOK) を超えると PIN の入力が必要になる場合があります。

 


ポーランド
購入額が 50 ポーランド・ズウォティ (PLN) を超えるとレシートへの署名や PIN の入力が必要になる場合があります。

 


ロシア
購入額が 1000 ルーブル (RUB) を超えるとレシートへの署名や PIN の入力が必要になる場合があります。

 


スペイン
購入額が 20 ユーロ (EUR) を超えると PIN の入力が必要になる場合があります。

 


スウェーデン
購入額が 200 スウェーデン・クローナ (SEK) を超えると PIN の入力が必要になる場合があります。

 


スイス
購入額が 40 スイス・フラン (CHF) を超えるとレシートへの署名や PIN の入力が必要になる場合があります。

 


ウクライナ
購入額が 100 ウクライナ・フリヴニャ (UAH) を超えるとレシートへの署名や PIN の入力が必要になる場合があります。

 


英国
購入額が 30 ポンド (GBP) を超えると Apple Pay を使えない場合があります。

 

中南米、カリブ

   


ブラジル
購入額が 50 ブラジル・レアル (BRL) を超えると PIN の入力が必要になる場合があります。

 

     

中東

  


アラブ首長国連邦
購入額が 100 UAE・ディルハム (AED) を超えると PIN の入力が必要になる場合があります。

 

    

北米

   


カナダ
購入額が 100 カナダ・ドル (CAD) を超えると Apple Pay を使えない場合があります。

 


米国
購入額が 50 米ドル (USD) を超えると署名が必要になる場合があります。

 

公開日: