Apple Configurator 2 のデータを保存または移行する

Apple Configurator 2 のデータをバックアップし、復元する方法についてご案内します。

Apple Configurator ワークステーションに macOS を再インストールするか、新しいワークステーションに移行しなければならなくなることがあります。以前と同じ iOS デバイスの監督を続けられるようにする方法を紹介します。

データをバックアップする

macOS を再インストールする前や新しいワークステーションに移行する前に、Apple Configurator 2 のデータをバックアップしておきましょう。

  1. ワークステーションで Apple Configurator 2 を開きます。
  2. 「Apple Configurator 2」メニューから「環境設定」を選択します。
  3. 「組織」をクリックします。
  4. ご自分の組織を選択し、ギアマークのアイコン をクリックして、「組織を書き出す」を選択します。
  5. 組織のファイルを保護するためのパスワードを入力します。
  6. ファイル名と、ファイルの保存場所を入力して、「保存」をクリックします。

組織のファイルは、データの復元準備が整うまでの間、安全な場所に保管しておいてください。

データを復元する

macOS を再インストールするか、新しいワークステーションを設定する際に、以下の手順にそって組織のデータを読み込みます。

  1. ワークステーションで Apple Configurator 2 を開きます。
  2. 「Apple Configurator 2」メニューから「環境設定」を選択します。
  3. 「組織」をクリックします。
  4. ご自分の組織を選択し、ギアマークのアイコン をクリックして、「組織を読み込む」を選択します。
  5. 保存しておいた組織のファイルを選択して、「読み込む」をクリックします。
  6. ファイルを保護するために使ったパスワードを入力し、「送信」をクリックします。

これで、元のワークステーションで設定したデバイスの監督を続けられます。

その他のデータをバックアップする

ブループリントや iOS ソフトウェアイメージなど、ほかのデータを引き継ぐ必要がある場合は、以下のフォルダをバックアップし、復元してください。

ブループリントまたは iOS ソフトウェアイメージ

~/ライブラリ/Group Containers/K36BKF7T3D.group.com.apple.configurator/

環境設定 

~/ライブラリ/Containers/com.apple.configurator.ui/

デバイスのバックアップ

~/ライブラリ/Application Support/MobileSync/Backup/

デバイスの信頼やペアリングの情報

/var/db/lockdown

~/ライブラリ/Keychains/login.keychain-db

構成プロファイル

パスは保存時に選択され、そのつど違う場合があります。

公開日: Fri Jul 13 11:45:11 GMT 2018