iCloud バックアップの対象となるもの

iCloud バックアップを使えば、iPhone、iPad、iPod touch 上にある情報のコピーを保管しておけます。

仕組み

iCloud バックアップでは、iPhone、iPad、iPod touch にある情報のコピーが作成されます。デバイスを iCloud にバックアップしておけば、新しいデバイスを設定するのも、お手元のデバイスに情報を復元するのも簡単です。iCloud で毎晩デバイスのバックアップを自動的に作成するには、以下の準備が必要です。

  1. 「設定」>「iCloud」>「バックアップ」で「iCloud バックアップ」がオンになっていることを確認します。
  2. デバイスを電源に接続しておきます。
  3. デバイスを Wi-Fi ネットワークに接続しておきます。
  4. デバイスの画面がロックされていることを確認します。
  5. iCloud にバックアップ分の空き容量が十分にあることを確認します。

iCloud を設定すると、5 GB 分のストレージを無料で利用できるようになります。このストレージ容量を利用して、iCloud バックアップを作成したり、写真やビデオを iCloud フォトライブラリに保存したり、iCloud Drive で書類を最新の状態で同期したりすることができます。バックアップのサイズと iCloud に保管するコンテンツの量によっては、無料分の容量を使い切ってしまう場合があります。iCloud ストレージを有料プランにアップグレードするか、コンテンツを削除して、容量を確保できます。

 

iCloud バックアップの対象となるデータ

  • App データ
  • Apple Watch のバックアップ
  • 通話履歴
  • デバイスの設定
  • ヘルスケアデータ
  • HomeKit の構成
  • ホーム画面とAppの配置
  • iMessage、テキスト (SMS)、MMS メッセージ (バックアップ時に使っていた SIM カードが必要)
  • iPhone、iPad、iPod touch 上の写真とビデオ1
  • Apple サービスからの購入履歴 (音楽、映画、テレビ番組、App、ブックなど)2
  • 着信音
  • Visual Voicemail のパスワード (バックアップ時に使っていた SIM カードが必要)

iPhone、iPad、iPod touch をバックアップした場合、デバイス本体に保管されている情報や設定だけが対象となります。iCloud にすでに保管されている情報 (連絡先、カレンダー、ブックマーク、メール、メモ、共有している写真iCloud フォトライブラリ、マイフォトストリーム、iCloud Drive に保存してあるファイルなど) はバックアップの対象になりません。

1.  デバイスで iCloud フォトライブラリを有効にしている場合、写真やビデオは iCloud にすでに保管されているので、iCloud バックアップの対象になりません。
2. iCloud バックアップでは、購入済みのコンテンツに関する情報は対象となりますが、コンテンツ本体は対象となりません。iCloud バックアップから復元すると、iTunes Store、App Store、iBooks Store から購入済みのコンテンツが自動的に再ダウンロードされます。一部の種類のコンテンツは、国によっては自動的にダウンロードされません。以前に購入したコンテンツに対して払い戻しを受けている場合や、ストアで販売が終了している場合は、ダウンロードできません。各国で iTunes から再ダウンロード可能なコンテンツについてはこちらの記事、各国の iTunes Store で購入可能なコンテンツについてはこちらの記事でご確認ください。

 

関連情報

  • iCloud のセキュリティおよびプライバシーについては、こちらの記事を参照してください。
  • iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法については、こちらの記事を参照してください。
  • Time Machine で Mac をバックアップまたは復元する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • iCloud バックアップが完成しない場合や復元できない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
  • iCloud バックアップに必要な空き容量を常に確保しておいてください。詳しくは、こちらの記事を参照してください。
公開日: