kernel_task の Mac CPU の使用率が高い場合

kernel_task プロセスの機能の 1 つに、CPU の温度管理があります。

アクティビティモニタで、kernel_task という名前のシステムプロセスが高い CPU 使用率を占めていることが示唆され、その間、ファンが活発に働くという症状が認められる場合があります。

kernel_task は、その機能の 1 つとして、CPU を集中的に使うプロセスの CPU 使用率を下げるというやり方で、温度管理を助けています。つまり、kernel_task は、Mac 本体の温度が高く感じられない場合でも、CPU の温度が上がり過ぎる原因となる状況に対処するプロセスです。それ自体がその状況を引き起こしているわけではありません。CPU の温度が下がれば、kernel_task の活動は自動的に治まります。

公開日: