Cisco QoS ファストレーンおよびアダプティブ 802.11r との iOS の互換性

企業 Wi-Fi 環境を最適化する Cisco の最新技術に対応した iOS デバイスについて説明します。

iOS 10 および Cisco ワイヤレスコントローラリリース 8.3 以降では、アダプティブ 802.11r と QoS ファストレーンを使えます。iOS 10 以降と互換性のあるデバイスはすべて QoS ファストレーンに対応しています。iPhone、iPad、iPod touch の特定のモデルの iOS 対応について詳しくは、こちらを参照してください。

以下のデバイスは、アダプティブ 802.11r に対応しています。

  • iPhone 6s 以降
  • iPad Pro 以降
  • iPad (第 5 世代) 以降

アダプティブ 802.11r について

802.11r では、ワイヤレスクライアントが同一ネットワーク上の複数の AP 間ですばやく切り替えることができます。FT (Fast Basic Service Set Transition) のおかげで、クライアントは新しい AP ごとに再認証する手間を省いて AP 間をローミングできます。 

アダプティブ 802.11r では、高速移行を有効にしなくてもネットワークを設定できます。この構成でも、FT のオプションを iOS クライアントに与えることができます。iOS デバイスおよび Cisco AP は、ネットワークでアダプティブ 802.11r がサポートされていること、FT を使用できることを信号で相互に知らせ合います。802.11r をサポートしていないレガシーのワイヤレスクライアントでも、同じネットワークに接続できますが、高速の FT ローミングは利用できません。

QoS ファストレーンについて

企業環境におけるワイヤレスアプリケーションのトラフィックには、往々にして、その種類別に優先順位を付ける必要が生じます。たとえば、リアルタイムアプリケーションの制約に準じ、音声通話の Wi-Fi トラフィックには Safari Web トラフィックよりも高い優先順位を付ける必要があります。 

各種のトラフィックの優先順位がわかるようにマークを付ける方法を複数のネットワークデバイスで合意できるようにするため、さまざまな標準が策定されています。QoS ファストレーンでは、この合意の手続きを大幅に簡素化し、ネットワークの輻輳を最小限に抑え、時間的な制約のあるトラフィック (音声や映像など) を時間通りに配信できるようにしています。 

QoS ファストレーンでトラフィックに優先順位を付ける iOS App を選択するには、構成プロファイルを使ってネットワークを構成する必要があります。

iOS における構成プロファイルのペイロードとアプリケーションのホワイトリスト登録については、こちらを参照してください。

関連情報

Cisco ワイヤレスコントローラのリリース 8.3 と互換性のあるモデルは、アダプティブ 802.11r と QoS ファストレーンに対応しています。802.11n および 802.11ac との互換性がある Cisco AP は、アダプティブ 802.11r と QoS ファストレーンに対応しています。

802.11r、アダプティブ 802.11r、QoS、QoS ファストレーンについて詳しくは、以下の資料を参照してください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: