macOS Sierra 10.12.2 アップデートについて

macOS Sierra をお使いのすべての方にこのアップデートをお勧めします。

macOS Sierra 10.12.2 アップデートでは、Mac の安定性、互換性、セキュリティが改善されます。すべての方にこのアップデートをお勧めします。このアップデートの内容は以下の通りです。

  • 自動ロック解除の設定方法と信頼性が改善されました。
  • 中国語のトラックパッド手書き認識ボタンを Touch Bar のコントロールストリップに追加できるようになりました。
  • グラブ App または「command + shift + 6」ショートカットキーを使って、Touch Bar のスクリーンショットを撮影できるようになりました。
  • Touch Bar の絵文字ピッカーがディスプレイに表示されてしまう問題が解決されました。
  • MacBook Pro (Late 2016) コンピュータのグラフィックスの問題が解決されました。
  • 一部の MacBook Pro (Late 2016) コンピュータでシステム整合性保護が無効になる問題が解決されました。
  • iCloud の「デスクトップ」と「書類」の設定および無効化の操作感が向上しました。
  • 最適化されたストレージの通知の表示方法に関する問題が解決されました。
  • Bluetooth ヘッドフォンで Siri や FaceTime を使う際の音質が向上しました。
  • 写真 App でブックを作成および注文する際の安定性が向上しました。
  • Microsoft Exchange アカウントを使用している場合に、メール App に受信メッセージが表示されない問題が解決されました。
  • Safari 機能拡張ギャラリー以外からダウンロードした Safari 機能拡張をインストールできない問題が解決されました。
  • 対応の Mac で Boot Camp を使って Windows 8 および Windows 7 の新規インストールが可能になります。
  • 他社製のディスプレイで一部の画面解像度を利用できない問題が解決されました。
  • デジタルカメラの RAW 形式のサポートが拡充されました。

法人のお客様向けの修正点:

  • 連絡先 App で Microsoft Exchange アカウントのグローバルアドレス一覧を検索する際のパフォーマンスが向上しました。
  • 委任カレンダーの使用時や、Microsoft Exchange イベントの再通知 (スヌーズ) 時のカレンダー App の信頼性が向上しました。
  • ログインウインドウでのスマートカード認証のサポートが強化されました。
  • システムモードを使うように設定された 802.1X クライアントで、ユーザがログアウトする際に自動的にネットワークに再接続できるようになりました。
  • 構成プロファイルを使った VPN ペイロードの MDM クライアントへのプッシュ配信に関する問題が解決されました。
  • バックグラウンドのソフトウェアアップデートや Safari インターネットプラグインの構成プロファイルによる管理が改善されました。
  • 特定のネットワークボリュームに接続する前に確認が必要となるセキュリティ機能を、管理者が無効化できるようになりました。
  • カレンダー App で「control」キーを押しながらイベントをクリックしたときに、ショートカットメニューに委任カレンダーが表示されない問題が解決されました。 
  • システムイメージユーティリティの「ディスクにパーティションを作成」が、システムイメージをネットワーク上に配信する際に正常に機能しない問題が解決されました。 
  • ローリングフェイルオーバーの実施時に Xsan クライアントがボリューム上のファイルにアクセスできなくなるという、Xsan 5 の問題が解決されました。
  • Finder で DFS 名前空間を検索する際にカーネルパニックが起こらなくなりました。

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、こちらの記事を参照してください。

この macOS アップデートの入手方法については、こちらの記事を参照してください。

公開日: