Final Cut Pro X 10.3 以降で使えるようにライブラリをアップデートする

既存の Final Cut Pro ライブラリを Final Cut Pro X 10.3 以降でも扱えるようにアップデートする方法をご案内します。

Final Cut Pro 10.3 では、ライブラリが基礎から変わっています。Final Cut Pro X 10.1 〜 10.2.3 で作成したライブラリを使うには、Final Cut Pro 10.3 以降をはじめて開いたときに既存のライブラリをアップデートできます。または、後からアップデートすることもできます。 

Final Cut Pro X 10.3 以降で使えるようにアップデートしたライブラリは、以前のバージョンの Final Cut Pro X とは互換性がありません。Final Cut Pro X 10.0.9 以前のプロジェクトやイベントは、Final Cut Pro X 10.3 以降用にアップデートすることができません。アップデートの前に、ファイルをバックアップしておいてください。作業中のプロジェクトがある場合は、アップデート前に完成させておいてください。

アップデートする前に

Final Cut Pro X をアップデートする前に、現在お使いのバージョンの Final Cut Pro X アプリケーションと既存のライブラリのバックアップを作成しておいてください。そうすれば、必要に応じてファイルを別の Mac に移動して、それらのプロジェクトの作業を以前のバージョンの Final Cut Pro で継続できます。

また、ライブラリをアップデートすると、アップデート後のライブラリ内のプロジェクトのサウンドミックスに影響が出る場合もあります。必要に応じて、アップデート後に適宜調整してください。作業中のプロジェクトは、アップデートする前に仕上げておいてください。

ライブラリをアップデートする

Final Cut Pro 10.1 〜 10.2.3 ライブラリをアップデートするには、以下のいずれかの方法があります。

  • Final Cut Pro X をアップデートした後で開きます。Final Cut Pro X で以前開いていたライブラリが開き、アップデートを案内する画面が表示されます。
  • 「ファイル」>「開く」の順に選択し、アップデートしたい Final Cut Pro X ライブラリを探して選択します。
  • Final Cut Pro X 10.3 以降がインストールされているコンピュータの Finder で、アップデートしたいライブラリをダブルクリックします。

関連情報

公開日: Fri Dec 22 05:16:05 GMT 2017