Mac でアップデートがバックグラウンドでダウンロードされないようにする方法

データの使用量やネットワークの帯域幅が懸案事項になっている場合、システム管理者は、ソフトウェア・アップデートが Apple から自動的にダウンロードされないようにすることで対処できます。

ソフトウェアを常に最新の状態にしておくことは、Mac のセキュリティを守る上で、とても大切です。アップデートすれば新しい機能も使えるようになり、安定性、パフォーマンス、互換性の向上も見込めます。アップデートが自動的にダウンロードされていれば、インストールしようと思ったときにその場ですぐにインストールできるので便利です。 

システム管理者の立場から、ソフトウェア・アップデートの自動ダウンロードを避ける必要がある場合、たとえば、データ使用量の制限やネットワーク帯域幅の節約が必要な状況下では、以下のいずれかの方法で対処できます。

「ソフトウェア・アップデート」環境設定を使う

「ソフトウェア・アップデート」の環境設定を使って、ソフトウェアの自動ダウンロードのオン/オフを切り替えます。この方法は、個人用の Mac コンピュータを管理している人なら誰でも使えます。 

構成プロファイルを使う

システム管理者は、構成プロファイルを使って com.apple.SoftwareUpdate ドメインで AutomaticDownload キーを False に設定し、自動ダウンロードを阻止できます。

ターミナルコマンドを使う

システム管理者は、ターミナルに以下のコマンドを入力して、自動ダウンロードを阻止できます。

sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.SoftwareUpdate AutomaticDownload -boolean FALSE

関連情報

macOS で自動的にインストールされるセキュリティ構成のアップデートやデータファイルについては、こちらの記事を参照してください。

公開日: