日本の Apple Pay について - 加盟店向けのご案内

Apple Pay を導入すれば、お店で、App 内で、そして Web 上で、お客様が簡単・便利に、しかも安心してショッピングできるようになります。

Apple Pay を使うと、現金やプラスチックのカードよりも早くお支払いができるようになります。* お客様は財布の中から紙幣や硬貨やカードを探さなくてすみますし、レジの担当者がおつりを計算して渡す必要もありません。App 内や Web サイト上では、お客様はたった 1 回画面をタッチするだけで支払いをすませられるようになります。

また、Apple Pay を使ったお買い物は従来のクレジットカードやプリペイドカードよりずっと安全です。お客様が iPhone、Apple Watch、iPad に登録しているクレジットカードやプリペイドカードを使って払うときは、Touch ID (Apple の指紋認証センサー) やパスコードによる認証が毎回必要になります。また、お客様が手首から Apple Watch を外すと、そのたびにパスコードを入力しなければ Apple Watch にアクセスできません。さらに、お客様が Apple Pay でお支払いになる場合は、実際のクレジットカード番号やプリペイドカード番号が業者側には伝わらないため、実際のクレジットカード番号やデビットカード番号を自社のシステムで処理することもありません。

* Apple Pay を利用できる国や地域についてはこちらをご覧ください。

自分のお店で Apple Pay に対応するにはどうすればいいですか?

Apple Pay では、Suica や日本の主要なカード会社が発行する多くのクレジットカードやプリペイドカードが使えます。クレジットカードやプリペイドカードは、iD や QUICPay のネットワークを使います。

ご自分のお店で Apple Pay に対応するには、iD、QUICPay、または Suica に対応した非接触型決済が可能な POS 端末が必要です。お取り引きのある決済代行会社に連絡して端末の設置を依頼し、Apple Pay に対応したいという旨をお伝えください。詳しくは、Apple Pay 加盟店サポートへお問い合わせください。

当店の POS 端末はすでに FeliCa/非接触型決済に対応済みなのですが、今すぐにでも Apple Pay による支払いに対応できますか?

Suica、iD、QUICPay による決済にすでに対応している場合は、基本的には何もしなくてもそのまま Apple Pay に対応できます。非接触型決済にまだ対応していない場合は、お取り引きのある決済代行会社、iD、Suica、または QUICPay にお問い合わせの上、現在お使いになっている POS 端末で Apple Pay に対応可能かどうかご確認ください。可能であることがわかったら、実際に対応できるようにしてもらってください。

Apple Pay に対応するために何か別に手数料がいるのですか?

いいえ。Apple から別途手数料をいただくことはありません。

Apple Pay による支払いは CP 決済ですか CNP 決済ですか?

Apple Pay を使った店舗での支払いは CP 決済 (カードを実際に提示して決済する方法) となります。Apple Pay を使った App 内での支払いは CNP 決済 (カードを提示せずに決済する方法) となります。

Apple Pay が不正利用された場合、その責任は加盟店が負うのですか?

店舗での決済の場合は、iD や QUICPay の取引に対する債務責任規定がそのまま Apple Pay の取引にも適用されます。

App 内の決済の場合は、Apple Pay を使った取引の方が、クレジットカードやプリペイドカードを使った通常の取引よりも有利に扱われる可能性があります。すなわち、債務責任がカード発行会社に移行する可能性があります。App 内の Apple Pay 決済に対するライアビリティ・シフト (債務責任の移行) の利点については、お取り引きのある決済代行会社にお問い合わせください。

当店では支払い方法として Apple Pay を利用できるということを、お客様にはどうやってお知らせすればいいのでしょうか?

iD、QUICPay、Suica のシンボルマークや Apple Pay のマークを POS 端末付近の目立つ場所に掲示して、Apple Pay による支払いに対応していることをお客様にお知らせしてください。

Apple Pay のマークはこちらからダウンロードできますので、メール、端末の画面、Web サイトなどでご活用ください。Apple のマップにお店を登録して Apple Pay を追加することもできます。

ご自分の App や Web サイトが Apple Pay に対応していることをお知らせする方法については、こちらをご覧ください。

iD と QUICPay のどちらで払えばいいのか、お客様にはどうやってわかるのですか?

お客様が Apple Pay にクレジットカードやプリペイドカードを追加すると、それが QUICPay か iD のいずれかとして登録されます。QUICPay なのか iD なのかわからない場合は、Wallet App を開いてカード上に表示されているロゴを見ればわかります。

お客様が Apple Pay で払いたいとおっしゃった場合、レジの担当者はどうすればいいのでしょうか?

Apple Pay によるお支払いは、iD、QUICPay、または Suica のいずれかで決済されます。お客様が Apple Pay で払いたいとおっしゃった場合は、QUICPay、iD、Suica のどれでお支払いになりますか?とおたずねしてください。支払いの処理方法については、プラスチックの非接触型カードの場合と同じです。

お客様が Apple Pay で買った商品を返品したいとおっしゃった場合は、どう処理すればいいのでしょうか?

QUICPay、iD、Suica の場合とまったく同じように、レシートに記載されている取引 ID またはお客様のデバイスに登録されているデバイスアカウント番号を使って該当の商品を探し、返品手続きを行います。デバイスアカウント番号の下 4 桁を確認するには、お客様に Wallet を開いていただき、購入時に使用したカードをタップしてから、画面の右下隅にある 情報ボタン をタップしていただきます。

あるいは、お客様に iPhone や Apple Watch をリーダー (読み取り端末) にかざしていただき、購入時に使用したカードを選択した上で、Touch ID またはパスコードで返品を認証していただくという方法もあります。

お客様が当店で Apple Pay をお使いになる場合、ご利用限度額はあるのですか?

Apple Pay を使えば、お客様はどんな金額でも簡単に、しかも安全に支払いができます。ただし、加盟店やカード発行会社によっては PIN (暗証番号) の入力が必要になる場合があります。また場合によっては、レシートに署名をしたり、別の方法でお支払いいただかねばならないこともあります。

QUICPay の場合は限度額が 20,000 円になっていますが、お店の端末を QUICPay Plus にアップグレードすれば、この制限はなくなります。支払い時の暗証番号の入力は不要です。

iD の場合は加盟店が限度額を設定できます。ご利用額が所定の限度額を超えた場合は暗証番号の入力が必要になります。

非接触型のクレジットカードと同様、決済端末や決済代行会社が最新のネットワーク仕様に対応していない場合は、お客様にカードを挿入していただくか、または暗証番号を入力していただかなければならないことがあります。

自分の App や Web サイトで Apple Pay を使えるようにするにはどうすればいいですか?

ご自分の App や Web サイトで Apple Pay を使えるようにしたい場合は、こちらをご覧ください。

Apple Pay についてもっと知りたい場合は?

Apple Pay の Web サイトをご覧いただくか、こちらからお問い合わせください。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: