tvOS 10 のセキュリティコンテンツについて

tvOS 10 のセキュリティコンテンツについて説明します。

Apple セキュリティアップデートについて

Apple では、ユーザ保護の観点から、調査が終了してパッチやリリースが公開されるまでは、セキュリティ上の問題を公開、説明、または是認いたしません。最近のリリースについては、「Apple セキュリティアップデート」ページに一覧形式でまとめています。

セキュリティについて詳しくは、「Apple 製品のセキュリティ」ページを参照してください。Apple との通信は、Apple Product Security PGP キーで暗号化できます。

Apple のセキュリティ関連の文書では、可能な場合、脆弱性の CVE-ID に言及しています。

tvOS 10

2016 年 9 月 13 日リリース

オーディオ

対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

影響:リモートの攻撃者によって任意のコードが実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2016-4702:延世大学校 Information Security Lab の YoungJin Yoon 氏、MinSik Shin 氏、HoJae Han 氏、Sunghyun Park 氏、Taekyoung Kwon 氏

2016 年 9 月 20 日に追加

CFNetwork

対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、ユーザ情報に不正にアクセスされる可能性がある。

説明:set-cookie ヘッダの解析処理に、入力検証不備の脆弱性がありました。この問題は、検証を強化することで解決されました。

CVE-2016-4708:Silesia Security Lab の Dawid Czagan 氏

2016 年 9 月 20 日に追加

CoreCrypto

対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

影響:アプリケーションに任意のコードを実行される可能性がある。

説明:脆弱なコードを削除することで、領域外書き込みの脆弱性に対処しました。

CVE-2016-4712:Gergo Koteles 氏

2016 年 9 月 20 日に追加

FontParser

対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成されたフォントを処理すると、プロセスメモリが漏洩する可能性がある。

説明:フォントファイルの処理にバッファオーバーフローの脆弱性がありました。この問題は、配列境界チェック機能を改善することで解決されました。

CVE-2016-4718:Apple

2016 年 9 月 20 日に追加

IOAcceleratorFamily

対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、プロセスメモリが漏洩する可能性がある。

説明:入力検証を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2016-4725:Plex, Inc の Rodger Combs 氏

2016 年 9 月 20 日に追加

IOAcceleratorFamily

対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2016-4726:匿名の研究者

2016 年 9 月 20 日に追加

カーネル

対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

影響:リモートの攻撃者から、サービス運用妨害を受ける可能性がある。

説明:ロック処理における脆弱性に、ロック処理を改善することで対処しました。

CVE-2016-4772:mh-sec の Marc Heuse 氏

2016 年 9 月 20 日に追加

カーネル

対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

影響:アプリケーションが、カーネルメモリのレイアウトを判断できる可能性がある。

説明:複数の領域外読み込みの脆弱性があり、これを悪用されると、カーネルメモリが漏洩する可能性がありました。この問題は、入力検証を強化することで解決されました。

CVE-2016-4773:Brandon Azad 氏

CVE-2016-4774:Brandon Azad 氏

CVE-2016-4776:Brandon Azad 氏

2016 年 9 月 20 日に追加

カーネル

対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

影響:ローカルユーザがカーネル特権を取得し、任意のコードを実行できるようになる可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2016-4775:Brandon Azad 氏

2016 年 9 月 20 日に追加

カーネル

対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:信頼されていないポインタ逆参照に、問題が起きているコードを削除することで対処しました。

CVE-2016-4777:Qihoo 360 Vulcan Team の Lufeng Li 氏

2016 年 9 月 20 日に追加

カーネル

対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

影響:アプリケーションにカーネル権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2016-4778:CESG

2016 年 9 月 20 日に追加

libxml2

対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

影響:libxml2 に複数の脆弱性が存在し、これらの脆弱性に起因するもっとも重大な問題として、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードが実行されたりする可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2016-4658:Nick Wellnhofer 氏

CVE-2016-5131:Nick Wellnhofer 氏

2016 年 9 月 20 日に追加

libxslt

対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、メモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2016-4738:Nick Wellnhofer 氏

2016 年 9 月 20 日に追加

セキュリティ

対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意のあるアプリケーションにシステム権限を取得され、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:署名済みのディスクイメージに検証不備の脆弱性がありました。この問題は、サイズの検証を強化することで解決されました。

CVE-2016-4753:Google Inc. の Mark Mentovai 氏

2016 年 9 月 20 日に追加

WebKit

対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:エラープロトタイプの処理に、解析不備の脆弱性がありました。この問題は、検証を強化することで解決されました。

CVE-2016-4728:Daniel Divricean 氏

2016 年 9 月 20 日に追加

WebKit

対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:メモリ処理を強化し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2016-4611:Apple

CVE-2016-4730:Apple

CVE-2016-4734:Google Project Zero の Natalie Silvanovich 氏

CVE-2016-4735:André Bargull 氏

CVE-2016-4737:Apple

CVE-2016-4759:Palo Alto Networks の Tongbo Luo 氏

CVE-2016-4766:Apple

CVE-2016-4767:Apple

CVE-2016-4768:Trend Micro の Zero Day Initiative に協力する匿名者

2016 年 9 月 20 日に追加

WebKit

対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2016-4733:Google Project Zero の Natalie Silvanovich 氏

CVE-2016-4765:Apple

2016 年 9 月 20 日に追加

WebKit

対象となるデバイス:Apple TV (第 4 世代)

影響:悪意を持って作成された Web コンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。

説明:ステート管理を改善し、複数のメモリ破損の脆弱性に対処しました。

CVE-2016-4764:Apple

2016 年 11 月 3 日に追加

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: