Final Cut Pro X で共有ストレージを使う

Final Cut Pro X で共有ストレージを使う方法をご案内します。

Final Cut Pro X 10.4 以降では、NFS または SMB ファイルシステムプロトコルに対応した共有ストレージシステムや、その他の共有ボリュームにライブラリを保管できます。

Final Cut Pro X のライブラリや外部メディアの保管場所

Final Cut Pro X のライブラリや素材を保存する前に、ライブラリや外付けのメディアにアクセスするシステムがすべて Final Cut Pro X 10.4.x のシステム条件を満たしているか確認してください。

  • Final Cut Pro X のライブラリは、ローカルストレージボリュームXsan ストレージボリューム* などの SAN、NFS または SMB ファイルシステムボリューム、NFS または SMB プロトコルを使う共有ストレージボリュームに保管します。
  • SMB プロトコルを使った共有ストレージシステムをお使いの場合は、SMB ボリュームの共有元が macOS サーバであるか、Samba 4.3.4 以降を搭載し、Apple との互換性があるモジュールが構成された Linux サーバであることが必要です。
  • 外部メディアはどの共有ストレージボリュームにでも保管できます。

* Xsan のサーバシステムとクライアントシステムに同じバージョンの macOS が搭載されている必要があります。

Linux ネットワーク接続ストレージ (NAS) システムを Final Cut Pro X で使えるように設定する方法

Linux ネットワーク接続ストレージ (NAS) SMB ボリュームの共有元が、Samba 4.3.4 以降を搭載し、Apple との互換性があるモジュールが設定された Linux サーバであることが必要です。

vfs objects = catia fruit streams_xattr

関連情報

  • Final Cut Pro のシステム条件については、こちらを参照してください。
  • Final Cut Pro X のライブラリでメディアを管理する方法については、こちらを参照してください。
  • macOS に付属している Xsan または macOS に必要な Xsan のバージョンについては、こちらの記事を参照してください。
  • SMB 2 接続や SMB 3 接続でパケット署名を有効/無効にして SMB 接続を最適化する方法については、こちらの記事を参照してください。
  • コミュニティにぜひご参加ください。世界各国で Final Cut Pro X をご利用の皆さん同士で問題の解決策やヒントを情報交換していただけます。Final Cut Pro X サポートコミュニティはこちらです。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: