位置情報サービスとプライバシー

“位置情報サービス”はあなたの個人情報を保護するように設計され、どの情報を共有するかを選択できるようになっています。

位置情報サービスでは、Appleおよび他社のAppやWebサイトが、位置情報に基づくさまざまなサービスを提供するために、お使いのiPhoneまたはApple Watchの現在の位置に基づく情報を収集および使用することが許可されます。たとえば、Appがお客様の位置データと位置検索クエリーを使用して近くにある喫茶店や映画館を探したり、デバイスが現在の位置に基づいてその時間帯を自動的に設定したりします。

このような機能を使用するためには、iPhoneの位置情報サービスを有効にする必要があります。さらに、各AppまたはWebサイトが位置情報を使用できるようにするには、あらかじめ許可を与える必要があります。Appは位置情報への限定的なアクセス(Appの使用中のみアクセス可能)またはフルアクセス(Appの使用中以外もアクセス可能)を要求することができます。

ただし、安全目的のために、位置情報サービスを有効にしているかどうかに関わらず、救助に役立つように緊急電話をするとiPhoneの位置情報が使用される場合があります。

位置情報サービスでは、GPSおよびBluetooth(利用できる場合)、公衆Wi-Fiアクセスポイント、携帯電話基地局の位置情報を利用して、デバイスのおおよその現在地を判断します。

お使いのApple Watchは、ペアリングされたiPhoneが近くにあるとき、そのiPhoneの位置情報を使用する場合があります。

位置情報サービスがオンの場合、この公衆Wi-Fiアクセスポイントや携帯電話基地局の位置情報のクラウドソースデータベースを更新するために、近くの公衆Wi-Fiアクセスポイントや携帯電話基地局のジオタグ付きの位置情報が、匿名の暗号化された形式でiPhoneからAppleに送信されます。

位置情報サービスを有効にすることにより、これらの位置情報に基づくシステムサービスも有効になります:

  • 交通情報 — あなたが物理的に移動(車で旅行など)している場合、クラウドソースデータの交通情報データベースを増補する目的で、iPhoneは匿名の暗号化された形式で、GPS位置情報と走行速度情報をAppleに定期的に送信します。
  • この近辺で人気 — 位置情報関連Appやその他のApple製品およびサービスを提供するために使用されるクラウドソースデータベースを改善するため、iPhoneはあなたが買い物をした場所および時間や、Appを使用した場所および時間の位置情報を匿名の暗号化された形式で定期的にAppleに送信します。
  • 利用頻度の高い場所 — あなたの利用頻度の高い場所を学習するために、iPhoneはあなたが最近訪れた場所とそれらの場所をどれくらいの頻度でいつ訪れたかを追跡します。このデータはiCloudに接続されたデバイス間でエンドツーエンドの暗号化を通じて送信され、あなたの同意なしに共有されることはありません。情報は予測交通情報サービスなどの個人向けサービスを提供するために使用され、フォトメモリー機能をよりよくすることにも使用されます。
  • 位置情報に基づくApple Ads — 位置情報関連広告をApple NewsおよびApp Storeで提供するために、iPhoneはあなたの位置情報(移動の速度および方向を含む)をAppleに送信します。
  • 位置情報に基づく検索候補 — より関連性の高い候補を提供するため、iPhoneの位置情報はAppleに送信されます。位置情報に基づく検索候補の位置情報サービスをオフにすると、お客様の詳細な位置情報はAppleに送信されません。関連のある検索候補やニュースを提供するために、Appleはお客様のインターネット接続のIPアドレスを使用し、それを地理的な地域と照らし合わせることで、お客様のおおよその位置を推定する場合があります。
  • 位置情報に基づく通知 — iPhoneおよびApple Watchは位置情報を使用して、地理的に関連のある通知を提供します。たとえば、特定の場所に到着したときにある人に電話をかけるというリマインダーや、現在地に基づいた次の約束への出発時間またはAppのおすすめなどが含まれます。
  • 自分の位置情報を共有 — “メッセージ”や“友達を探す”などの一部のAppから、一時的または継続的に自分の現在地をほかの人と共有することを選択できます。
  • HomeKit — iPhoneは、位置情報を使用して、特定の場所に到着したりそこを出発したりしたときにアクセサリのオン/オフを切り替えることができます。たとえば、家に着いたら電気をつけるといったことが可能です。

Appleが収集するクラウドソース位置情報データは、個人を特定しない形式で収集されます。

デバイスの位置情報サービスを有効にすることによって、お客様は、Appleとそのパートナーおよびライセンシーが位置情報と道路交通に基づく製品とサービスの提供と向上のために、お客様の位置データと位置検索クエリーを送信、収集、保守、処理、および使用することに同意し承諾したことになります。

位置情報サービスはいつでも無効にできます。その場合は、iPhoneで“設定”を開き、“プライバシー”、“位置情報サービス”の順にタップしてから、グローバル位置情報サービス・スイッチや、位置情報対応Appまたは機能ごとの位置情報スイッチを“許可しない”に設定してオフにします。すべてのWebサイトの位置情報サービスを無効にするには、Safariの位置情報サービス設定を“許可しない”に設定します。“システムサービス”をタップし、位置情報に基づくシステムサービスごとのスイッチをオフにすることで、位置情報に基づくシステムサービスを無効にすることもできます。

他社のAppやWebサイトが現在の位置情報を使用することを許可する場合、それぞれの条件、プライバシーポリシー、および運用に従うことになります。

それらのAppやWebサイトの条件、プライバシーポリシー、および運用を確認して、位置情報などの情報がどのように使用されるかを理解してください。

Appleが収集する情報は、Appleのプライバシーポリシー(www.apple.com/jp/privacy/ を参照)に従って取り扱われます。"

公開日: