iPhone から RTT 通話または TTY 通話を受ける/かける

iOS 10 以降では、iPhone でモバイルデータ通信に接続できれば、特別なハードウェアを用意しなくても RTT (リアルタイムテキスト) または TTY (テキスト電話) で通話できます。以前の通話を文字に起こした記録を見ることもできます。

この機能は、米国とカナダの通信事業者のプランに限りご利用いただけます。ソフトウェア RTT/TTY 通話でもハードウェア RTT/TTY 通話でも、標準の音声通話料金がかかります。通信事業者によって、「RTT」「TTY」または「RTT/TTY」と表示される場合があります。

RTT/TTY を設定する

  1. 「設定」>「アクセシビリティ」>「RTT/TTY」の順に選択します。
  2. 「ソフトウェア RTT/TTY」または「ハードウェア TTY」をオンにします。
  3. 「リレー番号」をタップして、RTT/TTY リレー通話の電話番号を入力します。
  4. 文字を入力するそばから送りたい場合は、「すぐに送信」をオンにします。または、メッセージの全文を書き終えてから送信する場合は、「すぐに送信」をオフにしておきます。
  5. すべての電話に RTT/TTY で応えるには、「返信はすべてRTT/TTY」をオンにします*
  6. iPhone ではなく外部の RTT/TTY 端末で RTT/TTY 通話を受けたりかけたりしたい場合は、「ハードウェア TTY」をオンにします。 

* 「返信はすべてRTT/TTY」をオンにすると、音声通話はかかってこなくなります。

RTT/TTY 通話をかける/受ける

  1. 電話 App を開きます。
  2. 連絡先を選択して、相手の電話番号をタップします。
  3. 「RTT/TTY」または「RTT/TTY リレー」を選択します。
  4. 通話がつながるのを待ってから、「RTT/TTY」を選択します。
  5. メッセージを入力します。
    • 「設定」で「すぐに送信」をオンにしている場合は、入力したままのメッセージを通話相手が見ることができます。
    • オンにしていない場合は、メッセージを入力し終わったら 送信アイコン をタップして送信します。
    • ショートカットのフレーズを知りたい場合は、メッセージを入力する前に一呼吸入れると、SK =「Ready to hang up」、GA =「Go ahead」などのショートカットが表示されます。

     

以前の RTT/TTY 通話の記録を見る

  1. 電話 App を開きます。
  2. 「履歴」をタップします。
  3. 確認したい通話の横にある をタップします。RTT/TTY 通話には、横に電話のアイコン TTY 電話とキーボードのアイコン が表示されます。
  4. 「発信」または「着信」の履歴をタップして、記録を表示します。
公開日: