Apple TV で「表示調整」を使う

Apple TV 4K または Apple TV (第 4 世代) で視覚支援機能 (「カラーフィルタ」「ホワイトポイントを下げる」など) を使う方法をご案内します。

「表示調整」を設定する

「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「表示調整」には、「カラーフィルタ」「光感受性」「ホワイトポイントを下げる」の 3 つの主要オプションがあります。

カラーフィルタ

カラーフィルタを使って、色を見分けやすく、画面上のテキストを読みやすくすることができます。

色が見分けやすくなるように、4 つのプリセットが用意されています。いずれか 1 つ (「グレイスケール」以外) を選択すると、「強さ」を選択して、フィルタの強弱を調節できるようになります。

  • グレイスケール
  • 赤色/緑色フィルタ
  • 緑色/赤色フィルタ
  • 青色/黄色フィルタ

画面上のテキストを読みやすくするには、「色合い」オプションを選択し、「強さ」または「色相」を選択して調節してください。

光感受性

全体の明るさを暗く/明るくします。

ホワイトポイントを下げる

明るい色の輝度 (強度) を弱く/強くします。

ショートカットを使って「表示調整」のオン/オフを切り替える

「表示調整」は常に必要だとは限らないので、ショートカットを使ってすばやくオン/オフを切り替えることができます。

  1. 「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ショートカット」の順にタップします。
  2. ショートカットで操作したい機能を選択します。
  3. Apple TV Remote の「MENU」ボタンを押して、「設定」メニューから離れます。作成したショートカットを使うには、リモコンの「MENU」ボタンをすばやく 3 回押します。 
公開日: