AirPods の機能を調節する

AirPods の名前を変更する方法、AirPods をダブルタップした時の反応を変更する方法などをご案内します。

AirPods の専用ケースの蓋を開けて、iOS デバイスで「設定」>「Bluetooth」の順に選択します。デバイスのリストで AirPods の横の をタップします。この画面で、以下の設定が可能です。

   
      

AirPods の名前を指定する

現在の名前をタップします。続いて、AirPods の新しい名前を入力して「完了」をタップします。

ダブルタップ時の反応を選択する

どちらか片方の AirPod をダブルタップすれば、Siri を使ってオーディオコンテンツを制御する、音量を変更するなど、Siri でできることを何でもこなせます。また、ダブルタップでコンテンツの再生と一時停止だけできるように選択したり、ダブルタップそのものをオフに切り替えることもできます。

「自動耳検出」のオン/オフを切り替える

デフォルトでは、AirPods は耳に入れるとそのことを感知し、デバイスからの音声を受信します。また、AirPods を片方だけ外すと再生が一時停止/再開します。両方とも外すと再生が停止し、再開されません。「自動耳検出」がオンになっていて、AirPods を耳につけていない時は、音声はデバイスのスピーカーから流れてきます。

「自動耳検出」をオフにすると、こうした機能は働かなくなり、AirPods をつけていてもいなくても、音声はすべて AirPods から聞こえます。

マイクを左、右、または自動に設定する

それぞれの AirPod にマイクが付いているので、電話もかけられるし、Siri も使えます。デフォルトでは、マイクは「自動」に設定されていて、どちらの AirPods でもマイクの機能を果たします。片方の AirPod しか使っていない場合、その AirPod がマイクになります。

「マイク」を「常に左」または「常に右」に設定することもできます。この場合、左側または右側の AirPod のいずれかがマイクとして設定されます。その AirPod が、耳から外したりケースに入れたままにしたりしていても、マイクになります。

公開日: