Apple Watch で緊急 SOS を使う

緊急 SOS を使えば、Apple Watch からすばやく簡単に緊急電話をかけて助けを求め、緊急連絡先に通知することができます。

仕組み

モバイルデータ通信に対応していない Apple Watch で緊急 SOS を使うには、iPhone が近くにあることが前提です。iPhone が近くにない場合は、Apple Watch を接続したことのある Wi-Fi ネットワークに接続し、Wi-Fi 通話を設定しておく必要があります。

Apple Watch から緊急 SOS で電話をかけると、自動的に現地の緊急通報サービスにかかり、先方に位置情報が知らされます。国や地域によっては、必要な緊急通報サービスを選択しなければならない場合があります。たとえば、中国本土では、警察、消防、または救急から選択できます。Apple Watch Series 5 以降 (GPS + Cellular) または Apple Watch SE (GPS + Cellular) をお使いの場合は、ほかの国や地域に旅行中でも、現地の緊急通報サービスに電話をかけることができます。

緊急連絡先には、Apple Watch の現在地、緊急 SOS モードに入ってからの経過時間などが送信され、現在地が変わったらそのつど最新情報が届きます*。緊急連絡先の追加方法については、こちらを参照してください。 

* 国外や地域外でローミングしている場合は、緊急連絡先へのテキストメッセージは送信されず、位置情報も共有されません。

Apple Watch で緊急電話をかける方法

  1. Apple Watch のサイドボタン (Digital Crown の下のボタン) を押し、「緊急 SOS」スライダが表示されるまでそのまま押し続けます。
    Apple Watch の「緊急 SOS」スライダ
  2. 「緊急 SOS」スライダをドラッグして、すぐに緊急電話をかけます。または、サイドボタンをそのまま押し続けます。カウントダウンが終わると、自動的に緊急通報サービスに電話がかかります。

電話が終わると、特にキャンセルするように選択しない限り、指定の緊急連絡先に Apple Watch の現在地を知らせるテキストメッセージが送信されます。位置情報サービスがオフの場合は、一時的にオンになります。緊急 SOS モードに入ってからしばらくの間は、緊急連絡先には、Apple Watch の位置情報が変わったらそのつど最新情報が緊急連絡先に送信されます*。緊急連絡先の追加方法については、こちらを参照してください。 

* 国外や地域外でローミングしている場合は、緊急連絡先へのテキストメッセージは送信されず、位置情報も共有されません。

位置情報の共有をやめる

緊急通話が終わった後、位置情報が緊急連絡先に知らされていることを Apple Watch が 4 時間おきに知らせてくれます。位置情報の共有をやめるには、その通知の「共有を停止」をタップします。

間違えてかけてしまった通話をやめる

緊急 SOS のカウントダウンが間違って始まってしまった場合は、サイドボタンから指を放してください。

間違えて緊急電話をかけてしまった場合は、「通話を終了」ボタン 赤い通話終了のアイコン をタップし、「はい」をタップして、通話を終了することを確定します。その後、引き続き緊急連絡先にテキストメッセージを送信したいか確認するメッセージが表示されます。テキスト送信をやめる場合は「いいえ」をタップします。

Apple Watch の「通話を終了しますか?」オプション

 

緊急連絡先を追加する

  1. iPhone でヘルスケア App を開いて、プロフィールアイコン (追加している場合は自分の写真) をタップします。
  2. 「メディカル ID」をタップします。
  3. 「編集」をタップして、「緊急連絡先」セクションまでスクロールします。
  4. 緊急連絡先の追加ボタン をタップします。
  5. 連絡先の名前をタップします。連絡先の電話番号が複数登録されている場合は、使いたい電話番号をタップします。
  6. 間柄を指定します。 
  7. 「完了」をタップし、変更内容を保存します。 

緊急通報サービスを緊急連絡先として設定することはできません。

緊急連絡先を削除する

  1. iPhone でヘルスケア App を開いて、プロフィールアイコン (追加している場合は自分の写真) をタップします。
  2. 「メディカル ID」をタップします。
  3. 「編集」をタップして、「緊急連絡先」セクションまでスクロールします。
  4. 連絡先の横にある緊急連絡先の削除ボタン をタップし、「削除」をタップします。
  5. 「完了」をタップし、変更内容を保存します。 

自動通報を無効にする

サイドボタンを長押ししても、緊急通報サービスに自動的に電話がかからないように、設定を変更できます。

  1. iPhone で Watch App を開いて、「マイウォッチ」タブをタップします。
  2. 「緊急 SOS」をタップします。
  3. 「サイドボタンを長押ししてダイヤル」をオフにします。 

この設定をオフにしても、「緊急 SOS」スライダを使えば緊急電話をかけることができます。

海外での緊急通報

Apple Watch Series 5 以降 (GPS + Cellular) および Apple Watch SE (GPS + Cellular) では、別の国や地域にいるときでも、現地の緊急通報サービスに電話をかけることができます。海外で緊急 SOS 通話をかけた場合、Apple Watch は現地の緊急通報サービスにつながりますが、緊急連絡先への位置情報やテキストメッセージの送信は行われません。一部の国や地域では、Apple Watch にモバイルデータ通信サービスが設定されていなくても、海外での緊急通報が可能です。国や地域別の対応状況については、こちらを参照してください。

自分の国や地域で緊急 SOS を使う場合と同様に、Apple Watch がセルラーモデルでない場合は、iPhone が近くにあることが必要です。

その他の緊急時の機能を設定する

  • iPhone で緊急 SOS を使う方法については、こちらの記事を参照してください。
  • メディカル ID の設定方法については、こちらの記事を参照してください。
公開日: