Camel Audio のプラグインを Logic Pro バージョンで置き換える

Alchemy、Phat FX、Step FX は、以前 Camel Audio Alchemy、CamelPhat、CamelCrusher、CamelSpace で使われていたテクノロジを基に進化しています。

Camel Audio のプラグインを使っていた場合は、それらのプラグインの Logic Pro バージョンに切り替えることができます。

  • Camel Audio Alchemy の代わりに Logic Pro Alchemy を使います。
  • CamelPhat および CamelCrusher の代わりに Phat FX を使います (CamelPhat および CamelCrusher の設定は両方とも PhatFX に転送されます)。
  • CamelSpace の代わりに Step FX を使います。

Camel Audio のバージョンから切り替えると、Logic Pro のバージョンでも設定がそのまま引き継がれます。自動または手動で切り替えることができます。

Logic Pro バージョンに自動で切り替える

Logic Pro では、Camel Audio のプラグインを Logic Pro の対応するバージョンに自動で置き換えることができます。Mac にインストールされていない Camel Audio のプラグインを使ったプロジェクトを開くと、ダイアログが表示されるので、「すべて置き換え」をクリックしてください。既存の設定内容も、Logic Pro バージョンのプラグインに引き継がれます。 

Logic Pro バージョンに手動で切り替える

  1. Logic Pro で、Camel Audio プラグインが挿入されたトラックを選択します。
  2. 選択したトラックのチャンネルストリップで、そのプラグインが挿入されている音源スロットまたは Audio FX スロットの上にポインタを置き、右側に表示されるポップアップメニューの矢印をクリックします。
  3. 該当するプラグインに適した Logic Pro バージョンを選択します。
    • メニューの一番上から「Alchemy」を選択します。
    • 「Multi Effects」メニューから「Phat FX」または「Step FX」を選択します。 

Logic Pro Alchemy、Phat FX、Step FX はコントロールや機能がアップデートされているため、Camel Audio のバージョンを使っていたときとはパッチのサウンドが多少異なる場合があります。また、オートメーションは Logic Pro のバージョンには引き継がれません。 

公開日: